コンテンツとファッションの関係を探る研究報告会を開催

公式サイト該当URL:http://www.contentshistory.org/2011/10/18/1034/

○概要
「クールジャパン」における戦略の一つとしてファッションが取り上げられるのは、
日本の文化としての歴史性がその背景にあることは指摘できるであろう。また、
国家的戦略とは別にファッションはマンガ・アニメ・ゲームといったエンターテイ
メント・コンテンツのみならず多くの文化に双方向的に影響を与えていることも指
摘できる。しかし、無意識に「装う」ことの多い我々の日常生活の中で、その意義
性についてコンテンツをも含めたレヴェルでの学術的な問いかけは少ない。したが
って、本学会では実態・イメージを問わず「装い」という行為・文化がどのような
歴史性を見せるのかといった点を踏まえて、本例会を開催する。

○参加申込フォーム:
http://www.contentshistory.org/event_entry/
当日参加につきましては申込の状況に応じアナウンスさせていただきま
すので、こまめに学会ウェブサイトをご確認くださいますよう、お願い
申し上げます。なお終了後に懇親会開催を予定しております。こちらも
あわせてご参加ください。

○開催日:
2011年11月12日(土)

○場所:
文化学園ファッションリソースセンター視聴覚講義室
東京都渋谷区代々木3丁目22番1号 文化学園 遠藤記念館(F館)地下1階
http://www.bunka.ac.jp/frc/03riyo_annai/accesstop.html

○資料代
500円(会員は無料)

○司会
吉田正高(東北芸術工科大学)

○発表者
青木淳子(東京大学大学院学際情報学府博士後期課程)「近代皇族ファッションのイメージ–軍服とドレス」
中村仁(東京大学大学院情報学環特任講師)「ファッションと行政」
渡辺明日香(共立女子短期大学生活科学科准教授)「<ファッション>のオルタナティブとしてのストリートファッション」

○タイムスケジュール
13:00-13:10 趣旨説明
13:10-13:50 青木淳子
13:50-14:00 休憩
14:00-14:40 中村仁
14:40-15:20 渡辺明日香
15:20-15:30 休憩
15:30-16:30 総合討論

共催:共同研究「ファッション分野における政策的支援に関する研究」
後援:服飾文化共同研究拠点/文化学園大学文化ファッション研究機構

http://www.contentshistory.org/2011/10/18/1034/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください