米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジアが5月23日(木)~6月16日(日)まで、東京・横浜を中心に開催。日本劇場初公開作品含む15人の著名監督らの作品も上映し、 6月4日”ショートフィルムの日”は、全プログラムが無料になります。

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア (略称:SSFF & ASIA)が、5月23日(木)~6月16日(日)まで、東京(4会場)・横浜(1会場)を中心に開催となります。

本映画祭は、俳優の別所哲也が1999年に立ち上げたもので、欧米のショートフィルムを日本に紹介してきた「ショートショート フィルムフェスティバル(SSFF)」は、2013年の開催で15周年、また、アジア発の新しい映像文化の発信・新進若手映像作家の育成目的から2004年に誕生した「ショートショート フィルムフェスティバル アジア(SSFF AISA 共催:東京都)」は10周年を迎えます。現在、この2つの映画祭が”SSFF & ASIA”として同時開催されています。昨年度は、東京(3会場)・横浜(1会場)で合計1万2000人が来場しました。

上映内容は、グランプリ作品が米国アカデミー賞短編部門のノミネート選考対象となる「オフィシャルコンペティション」をはじめ、「音楽」「環境」「CGアニメーション」など、様々なカテゴリーのプログラムで構成されています。また、今年のテーマである「Anniversary」にちなみ、初年度から本映画祭を応援して頂いているジョージ・ルーカス監督をはじめ、世界で活躍する15人の著名監督らの作品を特別プログラムとして上映いたします。さらに、初年度開催日にちなみ制定した「ショートフィルムの日(日本記念日協会認定)」である6月4日(火)は、各会場すべてのプログラムを無料で鑑賞できます。

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2013」のみどころ
【TOPICS 1】
日本劇場初公開作品含む15人の著名監督らの作品を特別上映!
学生時代のジョージ・ルーカスが監督した作品『THX1138 4EB』ほかアカデミー賞監督賞受賞のアン・リー監督、日本からは原田眞人監督など著名監督らによる日本劇場初公開作品含む15作品を上映。テリー・ギリアム監督の新作ショートフィルムも。

【TOPICS 2】
米国アカデミー賞公認の映画祭が贈る「世界最高峰のプログラム!」
今年のアカデミー賞短編部門ノミネート・受賞作品を含むハイクオリティな作品を特集上映します。第85回米国アカデミー賞短編実写部門受賞作品『リッチーとの一日』(原題:Curfew)も上映します。

【TOPICS 3】
6月4日”ショートフィルムの日”は全プログラムが無料に
1999年の初年度開催日にちなみ制定された6月4日の”ショートフィルムの日” (日本記念日協会認定)は各会場、すべてのプログラムを無料鑑賞できます。
<日程> 6月4日(火)
<会場> ラフォーレミュージアム原宿、ブリリア ショートショート シアター(横浜会場)

【日本上陸30周年のアニエスベーとSSFF & ASIAがコラボレーション】
SSFF & ASIAとアニエスベーがコラボTシャツを作成。スタッフが着用する黒のほか、映画祭会場では白バージョンを限定枚数販売します。デザインは、「トロンプルイユ(だまし絵)」のネクタイがモチーフになり、カジュアルなTシャツでありながら、「Anniversary」テーマを掲げるSSFF & ASIA記念の年を祝うセレモニー感も演出。背面には、アニエスベーからのメッセージon aime le cinema ! (映画が大好き ! )も入っています。
価格:レディース¥6,800(税込¥7,140)/メンズ¥7,800(税込¥8,190)
※映画祭各会場にて販売予定

【 開催概要 】
■主催
ショートショート実行委員会 / ショートショート アジア実行委員会
■名称
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2013
■日程・会場
5月23日(木)、24(金)、6月7日(金)、8(土)
会場:東京スカイツリータウン(R)スペース634
5月31日(金)、6月1日(土) オールナイト上映
会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
6月1日(土)~6月5日(水)
会場:ラフォーレミュージアム原宿
6月6日(木)~6月8日(土)
会場:表参道ヒルズ スペース オー
■ナショナルツアー
6月1日(土)~16日(日) (横浜開催)
会場:ブリリア ショートショート シアター
※初夏、大阪での開催も予定
※各会場での上映プログラムについては、映画祭オフィシャルサイトに随時アップ致します。

■チケット価格(税込)
プログラム1日券
前売:1,300円 当日:1,500円
1プログラム券
前売:1,000円 当日:1,200円
パスポート
前売:4,000円 当日:5,000円

■チケット販売に関して
チケットぴあ各店店舗ほか 前売券発売日:5月11日(土)予定
※当日券は映画祭開催期間中、東京スカイツリータウン(スペース634)、ラフォーレミュージアム原宿、
表参道ヒルズ スペースオー、ブリリア ショートショー トシアターの劇場窓口にて販売します。
※オールナイト上映のTOHOシネマズ六本木ヒルズではご利用できません。

【各部門・特別プログラムの紹介】
本映画祭は、グランプリ作品が米国アカデミー賞短編部門のノミネート選考対象作品となる「オフィシャルコンペティション」をはじめ、「音楽」「環境」「CGアニメーション」など、様々なカテゴリーの上映プログラムで構成されています。
本年度は、6つのアワード部門と、7つの特別プログラムを上映予定です。
【アワードの構成について】
オフィシャルコンペティション(米国アカデミー賞短編部門ノミネート選考対象部門)
■インターナショナル部門 / アジア インターナショナル部門 / ジャパン部門
世界中から応募されたショートフィルムの中から、メッセージ性、そしてエンターテイメント性の
優れた選りすぐりの約100作品を上映いたします。上映された作品の中から部門ごとに1作品を優秀賞として選定します。本年度は、過去最多の5000作品を超える応募がありました。さらに各部門で優秀賞を受賞した3作品の中から選出されるグランプリ作品は、第86回(2014年)の米国アカデミー賞短編部門ノミネート選考対象作品となります。昨年度は、112の国と地域から集まった約4500本の応募作品の中から、初の日本人女性監督となる平柳敦子監督の『もう一回』が、グランプリ作品に選ばれました。

■CGアニメーション部門 supported by デジタルハリウッド
海外映画祭で賞の獲得を狙う最新注目作から、ハリウッド作品も顔負けのエンタテインメント作品まで、
世界各国から集まったハイクオリティなCGショートフィルムを上映します。本年度は174本の応募がありました。

■地球を救え!部門
SSFF & ASIAが環境省と共に2008年に立ち上げた地球温暖化をテーマとした部門である「ストップ!温暖化部門」が、
2013年は「地球を救え!部門」として生まれ変わりました。本年度は155本の応募がありました。

■ミュージックShort部門
ミュージックShort部門とはショートフィルムの視点でセレクトした公式ミュージックビデオと、音楽レーベル各社から正式にエントリーされた楽曲をもとにクリエイターから募集したオリジナルショートフィルムを上映する部門。
★特別上映作品について
■フットボールプログラム presented by J.LEAGUE
Jリーグ20周年記念特別ショートフィルム『旅するボール』
「スポーツの持つ力」を映像を使って、より多くの方にお届けする「フットボールプログラム」を2011年度から上映しています。今年はJリーグ20周年記念特別ショートフィルム『旅するボール』 (監督:大川五月)も上映します。
■沖縄国際映画祭×SSFF & ASIA 共同製作作品
『死神失格』を関東初上映
沖縄国際映画祭が5周年、SSFF & ASIAが15周年という節目を迎えることを記念して、
お笑い芸人と映像クリエイターとの才能が交わり、ショートフィルムを共同製作しました。
田中要次、なだぎ武、中越典子、他が出演する『死神失格』(監督:渡邊世紀)をお届けします。

■スカパー!×ShortShorts
初の共同製作によるショートフィルム 『消しゴム屋』
スカパー!と共同製作した初のオリジナル3Dショートフィルム『消しゴム屋』の2D版を特別上映します。出演は、でんでん、大東駿介ほか。メガホンをとったのは、実写版映画『タイガーマスク』の公開を控え、本映画祭でも優秀賞を受賞している落合賢監督。2012年のスカパー!3Dチャンネルでのオンエア以降、数々の海外映画祭で受賞され続けています。

■MOËT STAR AWARD(モエ スター アワード)
シネマに愛されるシャンパンブランド「モエ・エ・シャンドン」と「SSFF & ASIA」に共通する
5つの哲学(「パイオニア精神」「グローバルな視点」「洗練された価値創造」「自己達成力」「わかちあう心」)を持ち、かつ両ブランドのイメージにマッチした未来の映画業界を担う輝くスターに贈られるアワードです。本年度のSSFF & ASIAにて上映される作品の中からノミネート者が選出され、その中から最も輝くスターとして最終受賞者1名に授与されます。
※その他の映画祭内のラインナップ、イベント、ゲスト来場情報は順次ご案内していきます。

【リリース】株式会社バリュープレス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で