2013年4月10日に26年ぶりのニューアルバム「アリスXI」をリリースし、キャリアで初めて47都道府県を網羅するツアーで全国行脚するアリス。
その活動に合わせ、全10タイトルのオリジナルアルバムをボックス化。そして特典としてDVD(「ALICE I~X」プレミアムインタビュー2013)を付属した全11枚組として発売することが決定しました。

特典DVDには、今のアリス3人が10枚のアルバムを振り替える貴重なロング・インタビューが収録されており、ファンなら必ず押さえておきたいものになっています。このBOXは初回生産限定盤のため、在庫がなくなり次第終了となります。

■ユニバーサル ミュージック「アリス」特設サイト  emij.jp/alice/

■『ALICE I~X BOX』
2013年5月1日(水)発売
初回生産限定盤:10CD+特典DVD
TOCT-29151~29160  18,900円(税込)
[収録内容]
【CD1】 『Alice I』(1972.09.05)
アリスの飛行船
01. 冬が終って 02. ティンカベル 03. 羊飼いの詩 04. 何も言わずに 05. 木枯らしの街 06. ブラウンおじさん
07. ティー・タイム 08. 好きじゃないってさ 09. 移り行く時の流れに 10. 明日への讚歌 (album ver. )
【CD2】 『Alice II』(1973.06.05)
01. 愛の光 02. 帰り道 03. おまえ 04. 知らない街で 05. 白い夏 06. 誰もいない
07. 散りゆく花 08. そこにいる貴方 09. 無題 10. 雪
【CD3】 『Alice III』(1973.12.25)
01. 青春時代 02. 愛しはじめて三ケ月 03. 涙化粧 04. 走馬燈 05. 雨降りは大好き 06. かもめ
07. 星物語 08. 突然炎の如く 09. 地図にない町 10. 愛は二人で 11. 青春の影
【CD4】 『Alice IV』(1975.05.05)
01. 黒い瞳の少女 02. 生きているから 03. 甘い夢 04. レンガ通り 05. 恋は風車のように 06. やさしさに包まれて 07. ポイント・アフターの夜 08. 人生の道 09. 想春賦 10. 太陽に背を向けて 11. シベリア悲話 12. 彷徨
【CD5】『Alice V』(1976.07.05)
01. 今はもうだれも 02. 遠くで汽笛を聞きながら 03. 雪の音 04. あの日のままで 05. 僕の想うこと 06. 音の響き 07. もう二度と… 08. 夏の終りに 09. 指 10. 帰らざる日々
【CD6】 『Alice VI』(1978.04.05)
01. つむじ風 02. 冬の稲妻 03. 砂塵の彼方 04. センチメンタル・ブルース 05. 五年目の手紙 06. 血の絆 07. 涙の誓い 08. 街路樹は知っていた 09. ある日の午後 10. 何処へ 11. フィーネ
【CD7】 『Alice VII』(1979.06.05)
01. Wild Wind-野性の疾風- 02. 12°30′ 03. 夢去りし街角 04. 未青年 05. ゴールは見えない 06. 永遠に捧ぐ 07. チャンピオン 08. 秋止符 09. ルート・サンシャイン 10. 緑をかすめて 11. 美しき絆-ハンド・イン・ハンド-
【CD8】 『Alice VIII』(1980.08.25)
01. ラ・カルナバル 02. 自分白書 03. 葡萄の実 04. それぞれの秋 05. 夏の日に 06. メシア-救世主- 07. 狂った果実 08. 黄色いかもめ 09. 標流者たち
【CD9】 『Alice IX 謀反』(1981.07.05)
01. WELCOME 02. LIBRA-右の心と左の心- 03. 荒ぶる魂-Soul on Burning Ice- 04. SILENT MAN-静かなる男- 05. MOON SHADOW 06. ハドソン河-Hudson River- 07. マリー・ダーリン-Mary Darling- 08. IC. WORLD 09. CAT IN THE RAIN 10. エスピオナージ 11. 風は風-Windy or Breezy-
【CD10】 『Alice X』(1987.12.15)
01. さよならD.J. 02. BURAI 03. アガサ 04. 平凡 05. テーブルという名の海 06. 4月の魚 07. 穏やかな月 08. 心の場所 09. 19の時 10. セントエルモスの火
【特典DVD】 『Premium DVD from ALICE』
・「ALICE I~X」プレミアムインタビュー2013

http://www.emimusic.jp/alice/

【リリース】株式会社PR TIMES

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で