オンリー・ザ・ブレイブの盤石な未来に向けて
ディーゼル、新CEO就任
ブレガンツェに新社屋建設中
2010年5月(イタリア・モルヴェナ) - レンツォ・ロッソのグループは新たな動きを続々とお知らせします。今後数週間の間にディーゼルは待望の新CEOを迎え、さらに社屋をこれまでのモルヴェナからイタリア北東部のブレガンツェへ移すことになりました。
過去10年間、オンリー・ザ・ブレイブグループは常に革命的な成果を残してきました。そして今後もその活動はとどまることを知りません。その原動力となるのがディーゼルの成長と、プレタポルテにおける2000年以降の大きな買収の数々(スタッフインターナショナル、メゾン マルタン マルジェラ、ヴィクター&ロルフ)です。2009年、オンリー・ザ・ブレイブは約13億ユーロという売上を達成し、従業員数は全世界で5,500人にまでなりました。成長に伴い複雑化した組織を見直すべく2007年末、効率と社内シナジー効果の最大化を目指したグループの組織再編を開始しました。無駄がなく、安定し、今後ますます競争が激化する市場で直面するであろう難題にも対応できる、革新的な組織を創り出すことを目指しています。
この新たな組織編成は、オンリー・ザ・ブレイブグループやディーゼルの関連企業にも大きな変化をもたらします。持株会社オンリー・ザ・ブレイブは、その事業の規模と複雑性に適した独自の組織構成を得て、同グループを戦略面でリードすると同時に資産と投資のガバナンスを適切に保つ役割を担います。レンツォ・ロッソは社長に留任し、グループ設立時からの協力者マリーナ・トシンも引き続きCEOを務めます。
来る7月には、ダニエラ・リカルディが新たにディーゼルのCEOに就任します。ダニエラは、ローマ出身でP&G社に25年勤務してきました。常に国際的なポジションで活躍し、欧州や南米、ロシア、アジアなどで名声を得てきました。前職はP&Gチャイナの社長となります。ダニエラは、強力なリーダーシップとビジネスや複雑な市場の管理能力、ブランド展開における確かな戦略眼により、国外で最も成功したイタリア人経営者となり、さらにはP&G社の中で完璧なリーダーの一人に数えられています。そんな彼女が今回新たな挑戦を選択したきっかけは、ファッション界に対する長年の情熱と、ディーゼルのライフスタイルやレンツォ・ロッソが長年続けてきたブランド管理手法に対する敬意でした。
最後に、オンリー・ザ・ブレイブとディーゼル SpA本部は現在ブレガンツェに建設中の新社屋移転の最終段階に入っています。この新社屋の構造は、将来の成長や革新的なデザイン、従業員のアメニティー(託児所など)を見据えながら、何年も計画が練られてきました。モルヴェナ一帯に散在していた企業機能を一つ屋根の下に再統合することで、働き方を改善し、社内シナジー効果をさらに高めることになるでしょう。
(問)ディーゼルジャパン株式会社 広報宣伝本部
TEL: 03-5468-1455 / FAX 03-5468-1463


Share
|




【PR】

イタリア発ヨーロッパNo.1オンラインセレクトショップ YOOX.COM(ユークス)



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。