新型車日本初披露、高さ4mの巨大クリスマス・ツリーも出現
ランボルギーニ ジャパン(代表:エジナルド・ベルトリ、所在地:東京都品川区)は、2012 年11 月30 日~12 月28 日の約1 か月間、東京で最も華やかでファッショナブルな街である南青山に、期間限定の「クリスマスカフェ」をオープンします。このショップは、世界中の関心を集める新型車の日本初披露を記念するもので、本場イタリアのカフェとフードをお楽しみいただけます。

「クリスマスカフェ」のコンセプトは「ピュア・イタリアン・ライフスタイル」。
ランボルギーニが備える、現代的で洗練されたイタリアのブランドテイスト
によってプロデュースされるもので、ロマンチックなクリスマスシーズンに
特別な空間を提供します。

このクリスマスカフェは、青山通りに面した表参道駅の正面に開設されます。
イタリアンスタイルのランチ、ディナーメニューのほか、昼間はコーヒーや
ドルチェを用意し、表参道でのお買い物や大切な人と過ごす方々に、
快適で落ち着いた空間を提供します。また限定ギフトショップで
ご購入いただいた商品は、クリスマスにちなんだ包装でお渡しする予定で、
友人やご家族へのクリスマスプレゼントにも最適です。

さらに、高さ4mにも及ぶ巨大クリスマス・ツリーはランボルギーニを
イメージしたオーナメントでデコレートされる予定で、記念写真スポット
としてのお楽しみいただけます。

■クリスマスカフェ概要
名 称: クリスマスカフェ
住 所: 東京都港区南青山5-6-20
営業時間: 午前11 時~午後20 時30 分(定休日なし)

■アウトモビリ・ランボルギーニS.p.A.

1963 年に設立されたアウトモビリ・ランボルギーニは、イタリア北東部のサンタアガタ・ボロネーゼに本社を置いています。この地でランボルギーニは、世界でもっとも羨望の的となるスーパー・スポーツカーを製造しています。

2011 年には、最高クラスの性能を誇る「アヴェンタドールLP 700-4」を発表し、また今年の北京モーターショーでは、SUV のコンセプトカー「ウルス」を発表し、ラグジュアリー・スーパー・スポーツカーの歴史に革新をもたらしました。

世界中に120 以上の正規ディーラーを有するアウトモビリ・ランボルギーニは、「350GT」、「ミウラ」、「エスパーダ」、「クンタッチ」、「ディアブロ」、「ムルシエラゴ」、「レヴェントン・クーペ」、「レヴェントン・ロードスター」、「ガヤルドLP 560-4 クーペ」、「ガヤルドLP 560-4 スパイダー」、「ガヤルドLP 570-4 スーパーレジェーラ」とそのオープン・バージョンである「LP 570-4 スパイダー・ペルフォルマンテ」を含むダイナミックでエレガントなスーパー・スポーツカーを製造しています。

アウトモビリ・ランボルギーニに関する詳細な情報は、ウェブサイト(http://www.lamborghini.com )をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で