株式会社インタラクティブブレインズ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 新妻 桂)は、阪神タイガース承認のスマートフォン向けカメラアプリ「トラカメラ」でバージョンアップを行い、新フレームを追加しました。




株式会社神戸新聞社が提供するデイリースポーツOnlineの人気コーナー「阪神今日は何の日」が、トラカメラで日替わりオリジナルフレームとして追加されました。 起動したその日にちなんだ阪神タイガースの歴史を見ることができ、ファンならずとも読んで、撮って毎日楽しめる内容です。なお、トラカメラはシーズン開幕に合わせ「全力応援キャンペーン」を展開し、今年のペナントレースを一層盛り上げていきます。
今後、「トラカメラ」は様々な企業・イベント・地方自治体・個人とのコラボレーションを加速させます。写真を通じリアルスペースの魅力をソーシャルで拡散できるよう、オンラインとオフラインの垣根を超え取り組むことで、ユーザーの皆様への魅力的なサービスとなりますよう努めてまいります。

■「トラカメラ」の概要
「トラカメラ」は、あらかじめ用意されたフォトフレームを、スマートフォンのカメラで撮影した写真と合成し、画像として保存することや、SNSなどに投稿できる機能を備えたカメラアプリです。365日毎日変わるフレームなど、年間1,000種類配信されるフォトフレームを使用して、人物写真や自撮り写真、なにげない日常の風景と合成することで、特にタイガースファンならうれしい面白ネタ画像をすぐに作り出せます。その場で撮影した写真だけでなく、すでに端末に保存している写真を使うことも可能で、シチュエーションを問わずお楽しみいただけます。



トラカメラ商品詳細WEBページ
トラカメラFacebookページ
トラカメラTwitter

■タイトル情報
【アプリ名称】
トラカメラ
【提供サイト】
GooglePlay 、AppStore
【提供価格】
無料
【対応端末】
Androidスマートフォン(Android 4.0以降)
iPhone 4/4S/5/5S/5C(iOS 6.0以降)
【ダウンロード先】
GooglePlay
AppStore

【株式会社インタラクティブブレインズについて】
インタラクティブブレインズは、独自技術を駆使し、「3Dアバター」「ソーシャルゲーム」「AR(※1)・O2O(※2)アプリ」の制作を行なうモバイルコンテンツプロバイダーです。大手SNSにも導入されている3Dレンダリングシステム等の独自性の高い技術力を活かして、スマートフォン向けに人と人とのコミュニケーションを豊かにするサービスを提供し続けます。

(※1) AR(Augmented Reality): 日本語では「拡張現実」と呼ばれ、モバイルデバイス等のディスプレイに映し出される現実の情報に、コンピュータが作り出した情報を付加させる技術です。
(※2) O2O(Online 2(to) Offline):オンラインとオフラインにおける顧客の購買活動を双方向に連携・融合させることです。

■会社概要
社名 : 株式会社インタラクティブブレインズ
本社 : 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷三丁目26番18号
代表者: 代表取締役社長 新妻 桂
設立 : 2001年4月
URL : ▶http://www.ibrains.co.jp/

http://www.ibrains.co.jp/

【リリース】株式会社PR TIMES
✈✈✈✈✈✈阪神タイガースを通販サイトで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で