株式会社レコチョクは、本日11月5日(水)、ユーザー投票による”人気「秋アニメ」ランキング”を発表しました。これは、「レコチョク」サイトで定期的に実施している企画で、今回は2014年秋に放送を開始したTVアニメ番組を対象に回答いただいたものです。




(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪」製作委員会・MBS

今回、最も票を集めた番組は、「七つの大罪」。鈴木央の同名タイトルのコミックのアニメ化。

「最近では珍しい王道ファンタジー。原作に忠実に描かれていて、凄く嬉しいです!これから、続々と増えていく七つの大罪と彼らのバトルシーンに期待です。」」(18歳/女性)など、バトルシーンの映像クオリティーの高さなど女性を中心に熱狂的なファンの声が多く集まり、2014年レコチョク「人気秋アニメランキング」で見事1位を獲得しました。

2位は、「繰繰れ!コックリさん」。遠藤ミドリの同名タイトルのコミックのアニメ化。こひなを取り巻く”コックリさん””狗神””信楽”といった物の怪との騒動を描いたコメディ。「主人公の女の子は可愛い!!コックリさんや狗神さん達はイケメン!!…なのに、中身が何処か残念!!というのが面白いです(笑)内容がほぼギャグなので笑えます(笑)これからの展開が楽しみです(*´ω`*)」(24歳/女性)といった圧倒的な女子人気を受け、2位を獲得。

3位は、「PSYCHO-PASS サイコパス 2」。豪華クリエイター陣も話題を集め、2012年から2013年まで幅広い層に支持された作品の続編。本ランキングでも男性人気が高く、前作からのファンの期待も伝わってきます。「朱ちゃんはたくましくなり、宜野座さんは優しくなり、新たな執行官や監視官も加わった、その後のストーリーに期待が高まります!」(21歳/女性)。

4位は「ワールドトリガー」。「弱いけど、逃げない主人公の芯の強さには励まされるし、内容も面白いです。そして、主題歌がアニメの内容にも合っていてかっこいいので。」(32歳/女性)

5位は「Fate/stay night」。「引き込まれるストーリーの中で活躍する魅力的なキャラ達がそれぞれの信念のために闘っていく姿に感動する。」(19歳/男性)

なお、レコチョクでは本日より「人気秋アニメランキング」サイトを公開!ランキング結果とともに、各作品のオープニング・エンディング楽曲も紹介しています。

【2014年人気「秋アニメ」ランキング】(レコチョク調べ)

順位 作品タイトル(OPテーマ/EDテーマ:アーティスト名「楽曲タイトル」)
1位「七つの大罪」
(OPテーマ:いきものがかり「熱情のスペクトラム」/EDテーマ:FLOW×GRANRODEO「7-seven-」)
2位「繰繰れ!コックリさん」
(OPテーマ:コックリさん(CV:小野大輔)、狗神(CV:櫻井孝宏)、信楽(CV:中田譲治)「Welcome!!DISCOけもけもけ」/
EDテーマ:末光篤「This Merry-Go-Round Song」)
3位「PSYCHO-PASS サイコパス 2」
(OPテーマ:凛として時雨「Enigmatic Feeling」/ EDテーマ:EGOIST「Fallen」)
4位「ワールドトリガー」
(OPテーマ:ソナーポケット「GIRIGIRI」)
5位「Fate/stay night」
(OPテーマ:綾野 ましろ「ideal white」/EDテーマ:Kalafina「believe」)
6位「曇天に笑う」
7位「四月は君の嘘」
8位「オオカミ少女と黒王子」
9位「トリニティセブン」
10位「寄生獣 セイの格率」

2014年人気「秋アニメ」ランキングサイト

■「レコチョク 人気秋アニメランキング」投票の概要
– 投票実施サイト:レコチョク 全サイト
– 投票実施期間 :2014年10月15日(水)~2014年10月28日(火)
– 投票者:532人(男性:40.7%、女性:59.3%)

TVアニメ「七つの大罪」公式サイト
<本リリースに記載している会社名、製品名は、各社および各団体の商標または登録商標です>

http://recochoku.com/news/aniautumn_2014/

【リリース】株式会社PR TIMES

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で