今日、ソウゲンブラザーズの名刺をもらった。広報と書かれていた。息子と仕事をする不安はあるが、それ以上に新しい仕事が出来る歓びの方が大きい。特に、出版コードがあるので、タウン誌などもやりたい。地元の高校生や大学生をスカウトして、読モとして活躍してもらうのもいい。出版界が終わるといわれる中、小さな出版社からファン作りをしながら、売り上げを伸ばしている雑誌がある。



 また、地元の人たちのセルフプロデュース本を作りたい。特に、政治家や財界人でなく、地道に苦労を重ねて努力している人気者をフィーチャーするのも一つだ。一芸に秀でた人や飲み屋の有名人など、様々な人たちを紹介するのもいい。いづれにしても、地元の人たちを取り上げたい。大手に踏みにじられても強く生きてきた人たちが多く住んでいる町だ。

 とはいえ、ビジネスをしたいのも正直な思いだ。親子でどこまで出来るのか分からないが、講演やセミナーを本格的にやってみたい。タレントが何人いるかでなく、しっかりとした人物を紹介しながら、全国行脚していく予定だ。まだまだ、構想段階だが、まずはスタートしたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で