株式会社KADOKAWA エンターブレイン ブランドカンパニーは、ヒットチャートでは見つけられない今年の最良エンタメを業界関係者1000人の投票により選出した”掘り出しエンタRANKING 2014″を発表いたします。同ランキングは、弊社が発行するインドアエンタメ総合誌『エンタミクス』が実施したもので、ランキング詳細および受賞者インタビューを11月20日発売のエンタミクス1月号の巻頭特集として掲載。~邦画1位は『ぼくたちの家族』、ドラマ1位は『アオイホノオ』~



2014年にリリースされた約1800タイトルの映画、ドラマ、アニメ、ゲームからエンタメ業界人が本気で選んだ、最良の大穴BEST10を決定!

【”掘り出しエンタRANKIG2014″調査概要】
■選考対象作品 :2013年10月~2014年9月までに国内リリースされた映画(洋画、邦画)、ドラマ(国内、海外)、アニメ、ゲーム(携帯機、据置機)の総計約1800タイトル。
■アンケート対象:各業界関係者1000人
■アンケート内容:”メガヒット作ではないけれど、もっと多くの人に知ってもらうべき傑作”をベスト3位まで推薦していただく。

このアンケートの結果を基に各部門1~10位まで発表しました。ランキングの公正を期す為に投票者名を公にしないことを前提に、関係者作品などのしがらみのない投票を徹底し、”品質”のみで掘り出した結果となっております。巷にあふれるヒットチャートでは見つけることのできない、業界太鼓判の知らなきゃ損する2014年の最良作70本、この機会にぜひチェックしてみてください。

【掘り出しエンタRANKING 2014】結果発表
■邦画
1位『ぼくたちの家族』(監督:石井裕也/出演:妻夫木聡ほか)
2位『ばしゃ馬さんとビッグマウス』(監督:

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で