去る10月11日(土)、12日(日)の2日間、スウェーデン大使館が開催した、
子ども服、おもちゃ、その他育児・生活用品など子育てにまつわる様々な
スウェーデンブランドを実際に見て、触って、体験できる親子イベント、
「Sweden Kids Week 2014(スウェーデン・キッズ・ウィーク2014)」は、
2日間で約3,300名の親子が参加し、大盛況のうちに閉幕しました。




Sweden Kids Week 2014の様子

第3回目となる今年は3周年を祝って、スウェーデンの伝統的なお菓子
「プリンセスケーキ」のキャンドルを子どもたちが吹き消してお祝いするなど、
賑やかなイベントとなり、過去3年間で最多の来場者数を記録しました。
各ブランドのブースでの体験に加え、リンゴンベリーのジュースやクッキーが
楽しめるスウェーデンカフェ、スウェーデンの発祥の楽器”ブンネ”の演奏体験や
絵本の読み聞かせ、スウェーデンのアニメ上映会など豊富なプログラムで
たくさんの親子に体験して頂くことができました。

スウェーデンは、男女共に育児への積極的な参加を支える社会制度が充実した
福祉大国です。また、子どもの頃から自然を享受することを権利として持つ
自然大国でもあり、人々の暮らしには豊かな制度と環境が備わっています。
この風土から子どもの安全・安心を大切にする企業文化を持つ育児用品や
子ども用品ブランドがいくつも生まれ、スウェーデンブランドは世界中で
愛されています。

スウェーデン大使館では、こうした様々なスウェーデンブランドや文化に
触れて頂く機会として「Sweden Kids Week」を積極的に展開し、日本市場に
発信していきます。


プリンセスケーキで3周年のお祝い


絵本の読み聞かせ



【リリース】株式会社PR TIMES

 




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で