スピルバーグが泣いた―!
自分を待ち続ける妻に他人として寄り添う夫。
この世で最も切ない夫婦の愛の物語。



配給:ギャガ、© 2014, Le Vision Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved

この度、『HERO』『単騎、千里を走る。』の映画作品の他、北京五輪開会式やAPEC歓迎式典の演出も手がける巨匠チャン・イーモウ監督の最新作、原題『歸来』(英題Coming Home)を邦題『妻への家路』として、2015年3月よりTOHOシネマズ シャンテ他で全国順次公開する運びとなりましたのでお知らせいたします。

STORY
文化大革命に引き裂かれて20年、再会した妻は夫の記憶を失くしていた。
1977年、文化大革命が終結。20年ぶりに解放された陸焉識(ルー・イエンシー/チャオ・ダオミン)は妻の馮婉玉(フォン・ワンイー/コン・リー)と再会するが、待ちすぎた妻は心労のあまり記憶障害となり、現在の夫を別人として認識してしまう。焉識は他人として向かいの家に住み、娘の丹丹(タンタン/チャン・ホエウェン)の助けを借りながら、妻に思い出してもらおうと奮闘する。収容所で書き溜めた何百通もの妻への手紙をくる日も彼女に読み聞かせ、帰らぬ夫を駅に迎えにいく彼女に寄りそう。夫の隣で、ひたすら夫の帰りを待ち続ける婉玉。果たして、彼女の記憶が戻る日は来るのか──?
「パワフルで深い。涙が止まらなかった」とスピルバーグが感服した、この世で最も切なく最も高貴な”愛”の物語。

監督:チャン・イーモウ『初恋のきた道』『単騎、千里を走る。』脚本:ヅォウ・ジンジー『単騎、千里を走る。』
出演:チェン・ダオミン 『HERO』、コン・リー『シャンハイ』、チャン・ホエウェン
原題:歸来、COMING HOME/2014年/中国/カラー/110分/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:水野衛子
http://www.gaga.co.jp/cinemas/detail/766/comingsoon

【リリース】株式会社PR TIMES



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。