アーティストをフィーチャーした「観るベストアルバム」洋楽主義 #79 ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)1月11日(日)午後2:00[WOWOWライブ]




世界のビッグアーティストのライブ中継や、グラミー賞の独占放送など、海外のミュージックシーンを放送してきたWOWOWの洋楽オリジナル・レギュラー番組。
毎回、ビッグアーティストをフィーチャーしたり、ジャンルに注目するなどとテーマを絞り、プロモーションビデオやライブ映像、インタビューなどで切り込んでいく。
MCはあらゆるミュージックシーンに精通した田口トモロヲ。洋楽ファン必見の内容だ。
今回は2014年のグラミー賞で「ベストポップヴォーカルアルバム」に輝いたブルーノ・マーズを特集!

■■■WOWOW番組情報■■■
洋楽主義 #79 ブルーノ・マーズ
1月11日(日)午後2:00[WOWOWライブ]
http://www.wowow.co.jp/music/yogaku/

【リリース】株式会社PR TIMES

★✈✈✈✈✈ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)を通販サイトで探す

【関連資料】
ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)by Amazon
全米№1を獲得したB.o.B「Nothin’ On You」、そして全米4位を記録したサマー・ヒット=Travie McCoy「Billionaire」の2曲で客演の他、共同制作/プロデュースも行っている、今、音楽シーンで最も注目されているシンガー・ソングライターがブルーノ・マーズである。ハワイ州ホノルル出身のブルーノは、音楽家一家の中で育ち、多くの時間をステージで過ごした。ブルックリン生まれでラテンパーカショニストの父は、ヴォーカリストの母を含め家族でラスベガス・スタイルのショウを、ワイキキビーチで行っていた。ブルーノが4歳のとき、父が行っていたワイキキビーチのライブでステージに立ち、ブルーノはそこでエルヴィス・プレスリーの曲を披露。そのときからミュージシャンになることを決意したのだった。地球上のさまざまな音楽が集まるホノルルは、ブルーノにとって絶好の場所だった。その後、高校卒業後、夢をつかむためLAへ居を移した彼は、Philip LawrenceとAri Levineとプロデュースチーム”The Smeezingtons”を結成。The Smeezingtonsはすぐに頭角を現し、Flo Rida「Right Round」、Travie McCoy「Billionaire」、 Brandy「Long Distance」など数々のヒットを生み出し、今年は2010 FIFA W杯公式テーマソングに決定したK’Naan「Waving Flags」も手がけるほどの人気プロデューサー・チームとなった。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。