株式会社ビデックスが運営する動画配信サービス「ビデックスJP」では、家族を題材とした自主短編映画を手がけてきた中野量太監督の劇場公開デビュー作『チチを撮りに』を配信中です。


チチを撮りに
(C)2012ピクチャーズ・ネットワーク/日吉ケ丘ピクチャーズ

笑って泣いて、心がじんわり温かい。人生が愛おしくなる、そんな映画が誕生!
公開・配給も未定のまま、製作された本作。「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012」において、「長編部門(国際コンペティション)監督賞」を受賞、および「SKIPシティアワード(国内作品を対象に今後の可能性を感じる監督に授与)」をダブル受賞。そして、「SKIPシティDシネマプロジェクト」第3弾作品として、2013年の劇場公開を迎えた映画です。世界に発見された新鋭・中野量太が描く、せつなオカシイ家族の肖像。柳英里紗、松原菜野花、滝藤賢一、渡辺真起子ら実力派キャスト集結しています。


(C)2012ピクチャーズ・ネットワーク/日吉ケ丘ピクチャーズ
バイバイ、14年前のお父さん。感謝もしてないけど、恨んでもないからね。
<あらすじ>
フリーターの姉・葉月と女子高生の妹・呼春は、母の佐和と3人暮らし。14年前に女の人を作って家を出て行ったきりの、父の記憶はほとんどない。ある日、佐和から「離婚したお父さんがもうすぐ死ぬから会いに行って、ついでにその顔を写真に撮って来てほしい」と告げられる。

<キャスト> 柳英里紗、松原菜野花、渡辺真起子、滝藤賢一
<スタッフ> 監督・脚本:中野量太
<製作国・製作年> 日本・2012年

【販売サイト】
ビデックスJPのサイトはこちら
 
映画『チチを撮りに』作品販売ページはこちら
 

【株式会社ビデックスについて】
ビデックスは2004年2月に会社を設立以来、映像の視聴者だけでなく映像の作り手の協力を得て、優れた映像が活発に流通する社会の実現を目指しています。そのための①映像に特化したコンテンツ配信ネットワーク(Contents Delivery Network)技術、②ユーザビリティを実現するアプリケーション開発技術、③埋もれた映像資産を掘り起こすための映像ストアクラウドサービス技術を構築し、日々これらの技術をブラッシュアップしています。また、自社サービス「ビデックスJP」を運営しており、人気アニメやドキュメンタリー、洋画、邦画など常時3万本の作品を提供しています。
http://www.videx.jp/

【リリース】株式会社PR TIMES

★✈✈✈✈✈チチを撮りに [DVD]


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。