中高生のバイブル×園子温×血まみれJK
10代が熱狂するベストセラー小説を、
天才・園子温監督がオリジナル脚本で映画化!
“全国の佐藤さん”に代わって狙われるのは、
“全国のJK(女子高生)”!?
トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜のトリプルヒロインで放つ過激な異色作




2001年、出版界を揺るがすひとつの小説が誕生した。”全国の佐藤さん”が鬼に殺されるという、斬新でインパクトの強い設定で、中高生を中心に爆発的なブームを巻き起こし、発行部数200万部を突破する大ベストセラーとなり、中高生のバイブルとなった「リアル鬼ごっこ」だ。



2008年には映画化され、全国36館での公開から最終的に100館以上に広がり、大ヒット作となった。2010年には『リアル鬼ごっこ2』が、2012年には『リアル鬼ごっこ3』、『リアル鬼ごっこ4』、『リアル鬼ごっこ5』が3部作として連続公開された。さらに2013年には「リアル鬼ごっこTHE ORIGIN」のタイトルで連続テレビドラマが放送されるなど、出版から10年以上が経った今も新たなメディアミックスが展開され続けている。

10代の若者の心を掴み、いまや伝説となったこの小説は、時代を超えてなお、彼らを熱狂させ続け、原作者の山田悠介は、全国学校図書館協議会などが2012年に実施した「学校読書調査」の中高生が選ぶ「一番好きな作家」で2位以下に大差をつけて断トツの1位に輝いた。

そして2015年、伝説は更なる進化を遂げ、まったく新しい映画として生まれ変わる。
今回、メガホンを握るのは、2008年、『愛のむきだし』でのベルリン国際映画祭フォーラム部門 カリガリ賞・国際批評家連盟賞の受賞をはじめ、多くの監督作品で国際映画祭の映画賞を受賞し、世界中から圧倒的な高評価と支持を得る映画監督、天才・園子温。その創作意欲はとどまることを知らず、近年も『地獄でなぜ悪い』『ラブ&ピース』といったオリジナル作品から、『TOKYO TRIBE』『新宿スワン』といった漫画原作まで、ジャンルも内容も多岐に渡る映画を発表し続け、日本映画界を牽引している。

今回、園子温が撮る『リアル鬼ごっこ』では、”全国の佐藤さん”は狙われない。ターゲットは”全国のJK(女子高生)”だ。姿の見えない瞬殺ストーム、豚の顔をした花婿、マシンガンをぶっ放す女教師の大群など、バラエティ豊かでぶっ飛んだ鬼たちが続々登場し、女子高生を殺して殺して殺しまくる。
その鬼に狙われる女子高生を演じるのは3人の主演女優。修学旅行中の観光バスの中で突然”瞬殺ストーム”に襲われるミツコ役に、雑誌のカヴァーモデル、数々のCM出演と多方面で活躍しながら、女優としての実力も注目されるトリンドル玲奈。

なぜか”豚の顔をした花婿”と結婚式を挙げさせられるケイコ役に、国民的アイドルグループAKB48で圧倒的な人気を博し、モデル・タレントに加え女優としてテレビドラマ・舞台と活躍の場を広げ続けている篠田麻里子。マラソンのレース中に”マシンガンをぶっ放す女教師”に追われるいずみ役に、ハロー!プロジェクト卒業後、テレビドラマ・映画への出演で女優としてのキャリアを積みながら、映画『THE NEXT GENERATION-パトレイバー-』では主演に抜擢された真野恵里菜。ヒロインのJK3人が、天才・園子温の『リアル鬼ごっこ』で、血まみれのハイパー・アクションを繰り広げる!

本作は、2月10日クランクアップを予定しており、今年7月11日(土)の公開を予定しています。本作の公開決定をアナウンスさせて頂くとともに、本作へのご支援を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

★キャストコメント
トリンドル玲奈(とりんどるれいな)
●トリンドル玲奈 コメント:
Q.「リアル鬼ごっこ」の主演が決まったときの感想
はじめにこのお話をいただいたときは率直に私でいいのかな?と思いました。
ですが、選んでいただいたことがとても嬉しかったですし、監督をはじめ皆さまの納得のいく主人公になりたいという気持ち、ただそれだけです。

Q.実際に撮影で園監督とお仕事された感想
緊張の毎日です!ですが、監督の演技指導はわかりやすくて、勉強になります。
一見怖そうに見えがちですが、お話ししていてもちゃんと微笑んでくれるので安心しています。笑空き時間には色々なお話をしてくださいます。つい最近は、魔女や吸血鬼のお話を!

PROFILE:
1992年生まれ、オーストリア出身。2009年にモデルデビュー。モデルとしての活躍に加え、CMやドラマ・映画など、幅広く活躍。2012年にドラマ「黒の女教師」(TBS)で女優としての活動を開始。主な出演作としては、ドラマでは「ビブリア古書堂の事件手帖」(13/CX)、「ダンダリン 労働基準監督官」(13/NTV)、「ロストデイズ」(14/CX)、「ごめんね青春!」(14/TBS)、映画では『呪怨-終わりの始まり-』(14)など。

■篠田麻里子(しのだまりこ)
●篠田麻里子 コメント:
Q.「リアル鬼ごっこ」の主演が決まったときの感想
最初にお話を聞いたとき、思わず「私ですか?」と聞いてしまったぐらい驚きましたが、本当にうれしかったです。
アクション映画をいつかやってみたくて、個人的にキックボクシングを習いにいっていたくらいなので、今回3人の中でも逃げるだけでなく、自ら戦っていくヒロインができることもとても嬉しく思っています。
ワクワクしすぎて、決まった時から、早く誰かに言いたくて言いたくてしかたありませんでした。

Q.実際に撮影で園監督とお仕事された感想
すごく怖いと思っていてかなりビビッていたのですが、とてもよくしていただいています。
園監督に指導していただいていること自体が素晴らしいことなのだと、この作品に関われる幸せを、日々噛みしめています。
PROFILE: 
1986年生まれ、福岡県出身。2006年より国民的アイドルグループAKB48に所属、2013年卒業。雑誌「MORE」では、2008年から専属モデルを務めるほか、CM、テレビのバラエティや情報番組などで、広く活躍。2008年「ギネ 産婦人科の女たち」(NTV)で連続テレビドラマ初出演、2011年『犬とあなたの物語 いぬのえいが』にて映画初出演。主な出演作に、テレビドラマでは「大切なことはすべて君が教えてくれた」(11/CX)、「家族狩り」(14/TBS)、映画では『映画 桜蘭高校ホスト部』(12)など。

■真野恵里菜(まのえりな)
●真野恵里菜 コメント:
Q.「リアル鬼ごっこ」の主演が決まったときの感想
元々ある「リアル鬼ごっこ」を見たことがあったのですが、とても怖くて、あまり直視できなかったことがとても記憶に残っています。
そんな作品に自分が出演するということで、ちょっと怖さもあり、でもどうやって撮影するのか楽しみで、観てくださる方々に、恐怖も楽しんでいただけるよう頑張ろうという気持ちでした。

Q.実際に撮影で園監督とお仕事された感想
園組作品に入ると、現場の空気で「あ、園組だ!!」とすごく感じます。
現場は何が起こるかわからないスリル感があって毎回ドキドキしてとても楽しいです。
ただ、正直今回の撮影が、今までで一番過酷でした。

PROFILE: 
1991年生まれ、神奈川県出身。2008年ハロー!プロジェクトよりソロ歌手としてデビュー。2013年にハロー!プロジェクトを卒業。バラエティに加え、テレビドラマ、映画、舞台、と女優としての活躍も目覚ましい。主な出演作に、ドラマでは、「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」(12/TBS)、「みんな!エスパーだよ!」(13/TX)、舞台では「悼む人」(12)、映画では、『怪談新耳袋 怪奇』にて初主演を務め、『わが母の記』(12)、『劇場版SPEC~結~ 漸ノ篇/爻の篇』(13)に出演、『THE NEXT GENERATION-パトレイバー-』(14・15)ではヒロインを務めている。今後は、舞台「ベター・ハーフ」(4月3日より本多劇場)を控えている。

★スタッフコメント
●監督:園子温(そのしおん)
「リアル鬼ごっこ」というタイトルにインスパイアされ、前からやりたかったこと、企画が途中で中断し結実しなかった作品のプロットを2つ3つ導入し、脚本を書きました。今、連続して、『ラブ&ピース』『ひそひそ星』と、オリジナルを作っていて、この作品もオリジナルストーリーとして3本目になりますが、前2本とも僕のファンが期待しているようなグロテスクな作品ではないので、そういう意味では、この作品はみんなが僕に求めているもの、期待している園子温作品を久々に出せると思います。

トリプルヒロインの3人とも、みなさんが思っている、例えば「トリンドルさんだったらこうでしょ」という像は破壊され、新鮮な新しい彼女達が見えるかと思います。彼女達にとっても今後、役どころが増えていくような幅の広がりが日々見えています。できあがった人とできあがっている芝居を再確認するよりも、みんなが知らない人を発掘して驚かせたり、今までよく知っている人なんだけどまったく違うイメージで驚かせるという方が楽しくて、彼女たち3人は今そんな感じです。

PROFILE:
1961年生まれ、愛知県出身。1987年、『男の花道』でPFFグランプリを受賞。PPFスカラシップ作品『自転車吐息』(90)は、ベルリン国際映画祭正式招待のほか、30を超える映画祭で上映された。『愛のむきだし』(08)で第59回ベルリン国際映画祭カリガリ賞・国際批評家連盟賞を受賞し、『冷たい熱帯魚』(11)で第67回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門・第35回トロント国際映画祭ヴァンガード部門正式出品、『恋の罪』(11)は第64回カンヌ国際映画祭監督週間で上映、『地獄でなぜ悪い』(13)で第70回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門正式出品・第38回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門観客賞受賞と、世界的に最も評価されている日本人監督の一人である。また、『ヒミズ』(12)では第68回ヴェネチア国際映画祭にて主演二人にマルチェロ・マストロヤンニ賞をもたらし、大きな話題となった。昨年公開された『TOKYO TRIBE』は最大のヒット作となった。映画以外にもドラマ「時効警察」シリーズ(EX/06・07)、「みんな!エスパーだよ!」(TX/13)等の脚本・演出を手掛けたり、小説、音楽、TVなど様々な分野で幅広い表現活動を行っている。今後の公開待機作には『新宿スワン』、『ラブ&ピース』、『ひそひそ星』などがある。

●プロデューサー:谷島正之
いま始まる、園子温による、まったく新しい”リアルな鬼ごっこ”とは?
200万部を超える原作から映画は5作品も作られ、そしてTVドラマと、あらゆるメディアを移り変わり、駆け抜けて行った「リアル鬼ごっこ」。本作は単なるリブート企画ではありません。まったく新しい、オリジナルなリアル鬼ごっこを作りたかった。だから園子温監督を招いた訳です。彼の思い描く”リアルな鬼ごっこ”、それはどんな映画なのか?ラストで明かされるベストセラー小説「リアル鬼ごっこ」との奇妙な接点とは?

もともとこのシリーズは、不条理な理由で鬼から”逃げる”物語。なので”走る”映像がポイントになります。ただ、カッコよく走る映像だけでは、観客は飽きてしまう。なぜ走っているのか?何を抱えて走らなくてはならないのか?という、走るという感情、”感情が伴った走るシーン”を撮れる監督という事で、園子温にアプローチしました。彼の映画は、つねに走ります。そこには理由があり、感情があり、物語があります。本作は全編”走り続ける”映画なので、彼の映画に毎回現れるような躍動するシーンが飛び出す事に期待しました。

観客の想像を裏切り、期待を上回る、それが映画だと思ってつねに製作していますが、園子温は撮影の時点から、毎日目の前でそれが起こっています。
現場で、その空間のトーンやリズムにインスパイアされ、まさにライヴで刺激を受けたことによって、監督の頭の中で”何か”がどんどん増長していく、それは想像を遥かに超えるフレームや動き、映像が産れてくる瞬間です。

本作は、登場人物全員女性。女性しか出てこない日本映画では初めての映画。『戦場のメリークリスマス』の逆です。それを演じるメインキャストの三人は、園作品らしからぬキャスティング。この映画の新しさであり面白さだと思っています。元アイドルだったり、モデルだったり、これからまさしく”女優”に向かおうという次のステップに踏み込む瞬間に立っている、自身がある種の興奮を抱えているキャストをあえて選びました。女優への興奮が、ハードな現場と内容に炸裂しています。彼女たち自身も想像できなかった毎日の連続です。

★原作「リアル鬼ごっこ」とは?
累計200万部突破の大ベストセラー!!10代を熱狂させ続ける、中高生のバイブル!
2001年、文芸社から刊行された山田悠介のデビュー作。
時は30世紀。ある王国で、王様が前代未聞の通達を発した。「自分以外の者が<佐藤>を名乗ることを許さない。王国にいる500万人の<佐藤>姓の人々を”鬼ごっこ方式”で抹殺する。」と……。かくして死のゲームの準備が整えられ、狂気に満ちた日々が始まった!期間は7日間、夜11時から12時までの1時間を、主人公・佐藤翼は無事に逃げ切れるのか?そして、”死の鬼ごっこ”の途中で生き別れた妹を救うことはできるのか?
斬新でインパクトの強い設定は、発売以来10代の若者の心を掴み、時代を超えてなお彼らを熱狂させ続け、作者の山田悠介は、2012年に全国学校図書館協議会などが実施した「学校読書調査」の中高生が選ぶ「一番好きな作家」で2位以下に大差をつけて断トツの1位、中高生のカリスマ小説家になっている。

2008年には映画『リアル鬼ごっこ』が劇場公開され、公開当初の全国36館から最終的に100館以上に広がり、興行収入4億円のヒット作となった。2010年には『リアル鬼ごっこ2』が、2012年には『リアル鬼ごっこ3』、『リアル鬼ごっこ4』、『リアル鬼ごっこ5』が三部作として公開された。さらに2013年には「リアル鬼ごっこTHE ORIGIN」のタイトルで連続テレビドラマが放送されるなど、出版から10年以上が経った今も新たなメディアミックスが展開され続けている。

●原作者:山田悠介(やまだゆうすけ)
1981年生まれ。2001年に文芸社にて自費出版でスタートしたデビュー作「リアル鬼ごっこ」が発売直後から口コミで評判となり、200万部を超えるベストセラーとなる。続く「@ベイビーメール」「あそこの席」(ともに文芸社)のヒットにより、その地位を固める。その後も快調なペースで作品を発表。中高生男女をはじめ若い世代の絶大な支持を得ており、中高生が好きな作家第1位を獲得。主な作品に、「親指さがし」(03)、「Aコース」(04)、「パズル」(07)、「その時までサヨナラ」(08)、「アバター」(09)、「貴族と奴隷」(13)、「君がいる時はいつも雨」(14)など。

★映画『リアル鬼ごっこ』とは?
全国の女子高生の皆さん!逃げてくださーいっ!!
山中を走る修学旅行中のバス。ハイテンションな車内に、突然”風”が吹いたと思ったら、バスと乗っていた女子高生40名が上下に真っ二つになり、一瞬にして死亡した。
たまたま屈んでいて、ひとり助かったミツコ。呆然とする彼女に、クラスメイトの鮮血が雨のように降り注ぐ。
さらにその”風”はミツコを追いかけてくる。死に物狂いで逃げるミツコがふと気が付くと、なぜか学校に辿りついていた。友達とのいつもの会話、いつもの教室。さっきの大参事は夢だったのか?
一方、女子高生のケイコは、見ず知らずの女から、「あんた今日結婚式でしょ?」と声をかけられる。訳も分からず制服からウェディングドレスに着替えさせられたケイコを、タキシードを着た豚の顔の花婿がナイフを振りかざし追いかけてくる。意を決して立ち向かうケイコ。
陸上部のいずみが、仲間と一緒に走っていると、マシンガンを持った女教師が乱射しながら追いかけてくる。瞬く間に蜂の巣にされていく陸上部員たち。必死で走り続けるいずみの前に、ひとりの女子高生が現れる。
一体何が起こっているのか?逃げ続ける彼女たちが辿り着いた場所で告げられた怖ろしい真実。
なぜ女子高生たちは次々と殺され、追われ続けるのか・・・?

クレジット/ビリング
監督・脚本:園子温
原作:山田悠介「リアル鬼ごっこ」(幻冬舎文庫・文芸社刊)
出演:トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜
企画プロデュース:柴田一成
プロデューサー:谷島正之、稲垣竜一郎、大野貴裕
製作:NBCユニバーサル・エンターテイメント、高尾、松竹、アスミック・エース
制作:セディック ドゥ
配給:松竹、アスミック・エース
(C)2015「リアル鬼ごっこ」フィルムコミッティ
公式HP:http://realonigokko.com
FB:facebook.com/onigokkoeiga
twitter:https://twitter.com/onigokkoeiga
<お問い合わせ>
【紙・電波】 アルシネテラン TEL:03-5467-3730 
【WEB】 フラッグ(濱中・山田) TEL:03-6427-9093
【配給・宣伝】 アスミック・エース 映画配給部 映画宣伝グループ(佐藤/平下/遠藤) TEL:03-5413-4314
7月11日(土)、全国ロードショー
http://realonigokko.com

★✈✈✈✈✈リアル鬼ごっこ (幻冬舎文庫)


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で