• H&M
  • H&M
  • H&M
  • H&M
  • H&M
  • H&M
  • H&M
  • H&M
  • H&M
  • H&M
  • H&M
  • H&M
  • H&M
  • H&M

 H&M STUDIO とH&M Men’sの2015年春夏コレクションの展示会がショールームで行われた。グラマラスなリラックススタイルをテーマにした今回は、マイアミやパームスプリングで過ごすバケーション、太陽の陽ざしなどをイメージして、フラミンゴやサボテンプリントなどが使われたアイテムが多く展示されていた。

 スポーツウェアにインスパイアされたアイテムは、ヴィンテージのテニスウエアやスイムウエアなどからインスピレーションされていた。マスキュリンなストライプのドレープのパジャマ。70年代調のラップジャケットや豪華な輝きのあるブロケード・タイプなどのショートパンツ。バンドゥビキニのフラミンゴや、カフタンのサボテンプリント。フェミニンなシフトドレスに描かれた騙し絵のトロンプルイユ風のスネークスキンなど、様々な遊び心のある表現がされていた。

 ドレスとして着られるオーバーサイズのスリーブレス・テニスシャツ。後ろがスイムウエア風カッタウェイのロングタンクトップ。70年代調のワイドフレアジーンズなどもあり、復活アイテムの多さに驚いた。また、ロンパースやジャンプスーツなども復活。リバイバル的要素の強い、グラマラスなリラックススタイルだった。

 サステイナビリティ (持続可能性) 活動と環境問題への取り組みのコンシャス・エクスクルーシブ・コレクションの服では、リサイクルウールやオーガニックレザー、オーガニックリネンなどコンシャス・アイテムにグリーンノタグを付けて販売する。環境問題をしっかり訴えていきたいと担当者が語っていた言葉が印象的だった。

【関連資料】
H&M
H&Mのコンシャス・エクスクルーシブ キャンペーンモデルにオリヴィア・ワイルド

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。