• 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】

 沖縄に取材で来た。本来、日帰りの取材ツアーだが、前入りして国際通りを見ることにした。現在70%を土産店が占め、「平和通り」と言うアーケードのある通りや「牧志公設市場」なども含め沖縄の食べ物、飲み物、衣類から雑貨などの店が数多く存在している。本土から大手チェーンのコンビニや「よしもと」「マクドナルド」カジュアル衣料の「スピンズ」などが進出しているものの、大手が占拠しているという印象は少ないのが救いだ。

 漁業従事者用のサンダルの略で滑りにくい丈夫なゾーリとして愛用されている「漁サン」。パロディTシャツやメッセージTシャツを扱う「日本一ふざけたTシャツ屋」。琉球の伝統工芸を取り入れた沖縄を代表するアパレル&セレクトショップ「MAX Ryu-Kyu」。ナチュラルでおしゃれな雑貨屋さん「Splash」。沖縄で縫製された開襟シャツの「かりゆしウェア」やアロハシャツを扱う「Mango House」。米軍放出品を扱う「沖縄ミリカジ」。沖縄の自然や海洋文化をモチーフに、オーガニックTシャツ・シルバーアクセサリー・サメ歯クジラ歯のアクセサリーなどのオリジナル商品の企画販売する「海想(kaisou)」。

 お土産店でもあるが、かなり専門特化した店も多く、リピート客の多い沖縄で満足できる品ぞろえをしていた。また、地元の女子高生にとって希少価値のあるビルもある。沖縄初出店の「SPINNS」や青文字系人気モデルの古着や本、雑貨を揃えた「ASOBI STATION」などのショップブースを展開する「OKiNAWA KAWAii!! STATION!」は、地元の女の子にとって、生の都会情報が入手できる貴重な場所だ。

 沖縄に住む人達にとって、本土との格差は広がるばかりだ。アルバイトの時給が平均650円だという。アイドルや芸人、芸能人、モデルを排出している沖縄の影の部分は、単に米軍基地問題だけでなく、経済問題が大きい。観光をビジネスとするだけに、一層問題が深刻化しているように見受けられた。とりあえず、我々は、沖縄で消費することが一番の助けになりそうだ。いいモノ、おいしいモノがある沖縄。やっぱり楽しい。

【関連資料】
漁サン【gyosan】サンダル
かりゆしウェア【Kariyushi Wear】アイテム
アロハシャツ・かりゆしウェアのマンゴハウス
沖縄の自然や海洋文化をモチーフにオリジナル商品を展開する「海想」
ミリタリーショップ専門店|米軍放出品なら沖縄ミリカジ
沖縄国際通り【okinawa kokusai】
「OKiNAWA KAWAii!! STATION!」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で