• エムシーエム【MCM】ドイツ
  • エムシーエム【MCM】ドイツ
  • エムシーエム【MCM】ドイツ
  • エムシーエム【MCM】ドイツ
  • エムシーエム【MCM】ドイツ
  • エムシーエム【MCM】ドイツ
  • エムシーエム【MCM】ドイツ
  • エムシーエム【MCM】ドイツ
  • エムシーエム【MCM】ドイツ
  • エムシーエム【MCM】ドイツ
  • エムシーエム【MCM】ドイツ

 1976年、ドイツ・ミュンヘンの黄金期に誰とも違っていたいという願望と完璧さを求める比類なき野心により誕生した老舗ラグジュアリ―ブランド「MCM」。その「MCM」の展示会が、東京・南青山のプロスペール(Prospere Co., Ltd.)で行われた。グローバルに旅する人や、ファッション評論家、国際的な社交家、著名人が集まり、居住しはじめた1960年代から70年代にかけてミュンヘンの文芸復興のモダニズム、目新しさ、革新、進歩主義の中で誕生したModern Creation Munchen(モダンクリエーションミュンヘン)がブランド名の由来だそうだ。

 このスピリットを掲げ、これからも未来へと進化し続けるMCMが発信した2015-16年秋冬コレクションのテーマは、”We are the future”。伝統的で革新的なデザインやフォルムは、未来志向なイメージを受けた。羊や犬のぬいぐるみは、実売の商品でラグジュアリ―なプライスで販売するそうだ。1980年代に日本で大ブームを巻き起こしたMCMの再上陸は、多くのメディアが取り上げている。

 私見だが、神戸などのお嬢様のご用達ブランドのようなイメージがある。バブルで成金な人達にキラキラブランドとして人気があったヴィトンやシャネルから、本物志向のMCMに乗り移っていった経緯がある。そして2015年、新たにビジネスからカジュアルまで網羅した新生MCMが誕生した。心地良いリッチさとシンプルさ、チャーミングさが、新世代たちが共感できるデザインに仕上げっている。また、文化の香りがする世代にも人気が出そうだ。白が似合うバッグという印象を受けた。

【関連資料】
エムシーエム【MCM】ドイツ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で