• DEPT@VACANT(デプトアットバカント)
  • DEPT@VACANT(デプトアットバカント)
  • DEPT@VACANT(デプトアットバカント)
  • DEPT@VACANT(デプトアットバカント)
  • DEPT@VACANT(デプトアットバカント)
  • DEPT@VACANT(デプトアットバカント)
  • DEPT@VACANT(デプトアットバカント)
  • DEPT@VACANT(デプトアットバカント)
  • DEPT@VACANT(デプトアットバカント)
  • DEPT@VACANT(デプトアットバカント)

 2015年4月に約4年の歳月を経て復活した伝説の古着屋「DEPT」。待望の2号店[「DEPT@VACANT(デプトアットバカント)」が8月29日(土)にオープンした。DEPT@VACANTではレディース・メンズの古着、オリジナルアイテムに加え新たにキッズの商品も展開している。「デプトは1981年に永井誠治さんが原宿にオープンし、大阪、代官山、下北沢などにも出店した伝説の古着屋です。永井さんのお嬢様娘で、「マザー」などのデザイナーでもあるエリさんが復活させました」と担当者から聞いた。

 古着独特の匂いもしない。コンディションが抜群に良い。価格がリーズナブルである。そして何よりもセレクションのセンスが良いのが特徴だ。中目黒店よりもメンズウェアが多いのもヴィンテージマニアにはうれしい。シャツ、Tシャツ、ジーンズ、パンツなど古コーディネートが出来るアイテムが揃っていた。また、クラシックなアクセサリーやバッグ、雑貨もありファッションの集大成のようなショップである。

 ヨーロッパの若者の多くが古着を上手に着こなしながら生活をしている姿を見た。1980年代、日本はバブルでシャネラーと言われるくらい、ハイエンドなブランドを身に着けたティーンエージャーであふれかえっていた。クレイジーだ。何十万円もするバッグを若者が持っている姿は、滑稽でもあった。そんな頃に、古着を文化として広めたDEPTの存在は大きいかった。そして2015年、原宿に古着が戻ってきた。お帰りなさい。

【関連資料】
DEPT@VACANT(デプトアットバカント)
住所:〒150-0001 東京都渋谷区 神宮前3-20-13 1F
グランドオープン日:2015年8月29日(土)12:00-
営業時間:12:00-20:00
定休日:月曜日
取扱いアイテム:MENS・LADIES・KIDS・ORIGINAL ITEM・ACCESORIES
デプト2号店『DEPT@VACANT(デプトアットバカント)』が原宿にオープン!
創業者の娘が語る「デプト」復活の理由
永井 誠治 デプト創設者

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で