…拡大
終盤、3Dメガネをモデルと観客がかけている姿は、古き良きアメリカのイメージが
した。『beautiful people | ビューティフル・ピープル』は、デザイナーの熊切秀典さん
を中心に4人の男たちがデザインをしている。村上春樹の小説「ノルウェイの森」をテーマ
に、色鮮やかなチェックとアーガイルを使った男女のコーディネートが若々しい。
トレントコートやライダースジャケットを着た子供モデルのおしゃまな姿が印象的だ。
3Dメガネからは、ドットプリントのドレスに「I love you」の文字や、Tシャツに
エリザベス2世の肖像が浮き上がった。上品で、クラシカルなプレッピー感覚のアイテム>
が心地よい。急成長しているブランドだけに、観客の目は羨望に近く、新しい何かを
求めているようだった。3Dなどの仕掛けもさることながら、素材、デザインともに、
本物を追求する姿は見事だった。ITのようなデザインチームの存在にも新しさを感じた。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
カテゴリー : NEWS
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。