ミニマルでストイックなイメージのモノトーンのタイダイ、ぼかし染め。前がテーラード
で、後ろがフード、前が黒で後ろがホワイトグレー、のような反転し逆転するデザインが
意表をつく『lessthan*』。リバーシブルや2way、裏が表で表が裏、どちらも意外性の
あるデザインだが、ストリートスタイルの中に落とし込まれ、メンズ・レディスのバランス
もいい。トレンド感があり、ぐっと洗練された印象だ。
 どこかアンニュイで脆く壊れそうな現代人の心の中をラボで観ているような錯覚をして
しまった。安藤 大春(Ohal Ando)氏は、独特な劇画タッチの感覚で鋭さを増した。
レオナルド・ダ・ヴィンチの解剖のように、心の深淵を深く探っている医者のような
アーチストのような風貌さえ感じた。 (カメラマン 荒川祐吉 )

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
カテゴリー : NEWS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。