ワーキングウェアの普及 ワーキングウェアの普及
 ワーキングウェアの労働着や作業着としてズボンの上にはいていたオーバーオールは、
機能性に富んでいる。カーハート(Carhartt)をはじめ、ディッキ-ズ(Dickies)
ベンデイビス(BEN DAVIS)、レッドキャップ(RED KAP)など様々なワークウェア・
ブランドから展開されている。男女ともゆったりとしたサイズの心地よさで人気だ。
 激しい労働や過酷な自然条件に耐えられる実用性があり、耐久性がある衣料品のことを
へビューデューティ・ウェアという。汗を流しながら肉体労働をすることへの回帰現象が
起こっている。ノギャルに続いて、「ウギャル」が誕生した。ギャル系雑誌のモデル
だったLie(ライ)さんらが「ウギャルプロジェクト」を企画しカキの種付け作業を
したという。まさに、ワーキングウェアが必須だね。
*ウギャルは魚(うお)、海(うみ)の「う」とギャルを合わせた造語。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。