• mer(メル)
  • mer(メル)
  • mer(メル)
  • mer(メル)
  • mer(メル)
  • mer(メル)
  • mer(メル)
  • mer(メル)

 プロのモデルを一切使わないという創刊1周年イベント「スターmerモデルと一緒にチェキ&握手Fes.」が、2月22日(土)に東京・渋谷で行われた。全国から500名以上の読者が集まるイベントの前に、「mer」編集長が自ら先頭に立って、読者モデルの紹介を行った。武智志穂、田中里奈、青柳文子、三戸なつめ、柴田沙希の読者モデルが参加した。編集スタッフとの信頼関係があると印象を受けた。

 青文字系ファッション誌「mer」が1周年を迎えた。前身の「古着MIXガールズ」からパワーアップをはかり、雑誌名を「mer」(メル)に変更したのが、2013年の2月のことだそうだ。その後、部数をのばし1周年を迎えた今、月刊10万部にまで成長し、青文字系と呼ばれるファッション誌の中でNo1雑誌になった。また、読者と読者モデルが一緒にムーブメントを作っていくというスタイルでイベントも開催。昨年9月に恵比寿ガーデンホールで行われた「mer fes.」は、1500人の読者を動員した。

 青文字系とは、「JJ」「CanCam」などの異性への「モテ」を目指すスタイルに対して、同性うけ、自分らしいかわいさを志向するスタイル。青文字系ファッション誌では、読者モデルが活躍している。彼女たちは、スタイリストが用意した服を着るのでなく、スタイリングもメイクもセルフプロデュースが基本だという。読者モデルが等身大のおしゃれを発信する「一番身近なおしゃれのお手本帖として、おしゃれを応援している。雑誌名の「mer」は、アイヌ語で「キラキラ」という意味だそうだ。

 青柳文子は、「merは、自分のやりたいこと、個性を尊重した誌面を作ることができます。それをファンの方が分かってくれることがありがたいです。読者モデルだから、セルフプロデュースができると思います」と優等生らしく語ったのが印象的だった。武智志穂は、「読者モデルとして、11年目を向かえ、セレクトショップを持つ夢を叶え、大人の青文字系の文化ができたらいいなと考えています」とさらなる夢を語った。みんな凄いよ。

【関連資料】
mer(メル)
スターmerモデルと一緒にチェキ&握手Fes.
武智志穂
田中里奈
青柳文子
三戸なつめ
柴田沙希

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で