• エプロン付きコスプレ
  • エプロン付きコスプレ

 STAP細胞で時の人となった小保方晴子さんの割烹着は、社会に衝撃を与えた。白衣でなく、割烹着というクラシックなアイテムが登場したからだ。先日、街を歩いていたら、エプロン姿の店員らしき二人組の女子が歩いていた。白いエプロンに赤の制服、白いエプロンにブルーの制服。どちらも、店員のように見えるが、コスプレのようにも見える。真相は、定かではないが、こちらも衝撃的な現象であった。

 昔、アンナミラーズという独特のデザインの制服を着たウェイトレスが人気を集めた店があった。今は、フーターズの健康的でセクシーな制服が人気だが、情緒さに欠ける。女の子らしさが前面に出したエプロン型の制服だった。男性は、家庭的な雰囲気が好きなのかもしれない。制服は、万人に好まれるデザインだからこそ、老若男女を問わず人気がある。また、店内では違和感がないが、街中で目立つデザインも多い。衝撃の瞬間だった。

【関連資料】
割烹着
エプロン付きコスプレ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で