• フィースト【feast by GOMI HAYAKAWA】ランジェリー
  • フィースト【feast by GOMI HAYAKAWA】ランジェリー
  • フィースト【feast by GOMI HAYAKAWA】ランジェリー
  • フィースト【feast by GOMI HAYAKAWA】ランジェリー

 19歳の美大生に「テキスタイルネット展」で会った。可愛い女の子が、大人たちを前に講演会をやると言う。その直前にお話を聞いた。feastというブランドの「品乳ブラ」で大ブレイクしているハヤカワ五味さんだ。巷では「貧乳ブラ」と呼ばれたいるらしいが、【feast by GOMI HAYAKAWA】では「品乳ブラ」で通している。何の気負いもなく、淡々としかも熱く、強弱をつけながら話す。ついつい引き寄せられていく。プロダクト時代だが、従来型のデザイナーのような感覚ではない。SNSを使ったみんなを巻き込んだプロモーションに、またまた驚かされる。

 ロリータ服を着た事で、人生が変わったと言う。「プチ引きこもりのような生活をしたことがありました。オタクっぽいところがあって、人と違っていて。」そんなある日、服って面白いと気付いたそうだ。ロリータ服が好きだったので、実際に着てみたら、自分が可愛く見えたという。それをきっかけに、メイクやヘアスタイルも変化し、積極的になっていけたそうだ。

 高校生の当時、自作の昇華プリントで木目調のストッキングをツイッターに投稿したら、1500ツィートもあったのがきっかけで、商品化して販売したそうだ。無料のECサイト【BASE】との出会いや、同年代の多摩美、SFC、東大などの起業家サークルの仲間たちの応援もあって、「品乳ブラ」の成功があると謙虚に語った。今年の11月には、ファッションショーを開く予定で、とどまるところを知らない勢いだ。

 『服を通して人をデザインしたいです』と読者モデルのブランドの立ち上げを手伝うなどプロデューサー的な存在になりたいと夢を語った。衝撃的なハヤカワ五味さんとの出会いだった。まだ19歳だが、右手にアーチストの感性、左手にはビジネスの感覚を持った類まれな才能を持ったスーパーウーマンであることは確かだ。ゆとり世代の底力を見た気がした。彼らが日本を変えると確信した一日だった。(撮影:増田義和)

【関連資料】
ハヤカワ五味
フィースト【feast by GOMI HAYAKAWA】ランジェリー
昇華プリント転写紙(アイロン編)
巨乳化する日本で”貧乳ブラ”が即日完売のワケ
テキスタイルネット展【Textile Net Exbition】
2014年9月11日(木)~12日(金)ラフォーレミュージアム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で