• ディオール【Christian Dior】
  • ディオール【Christian Dior】
  • ディオール【Christian Dior】
  • ディオール【Christian Dior】
  • ディオール【Christian Dior】
  • ディオール【Christian Dior】
  • ディオール【Christian Dior】
  • ディオール【Christian Dior】
  • ディオール【Christian Dior】
  • ディオール【Christian Dior】

 クリスチャン・ディオールの素晴らしい世界をめぐるプロムナードへの招待だという「エスプリ ディオールの世界」展が東京・銀座で開催されている。 『子供時代から日本の文化に親しんでいたディオールの想像世界、 同時代の芸術家たちとの交わり、比類のないコレクションを重ねながら創りだしたスタイル、 舞踏会へのこだわり、目をみはるようなセンス、こうしたすべてが、過去から今日にいたるクリエイションをたどりながら語られます。ディオールの時代から後継者ラフ・シモンズの才能によって支えられる現在までの旅でもあります。』と解説書にはある。

 オートクチュール・ディオールのアトリエがさながら魔法使いの洞窟のような世界をみさせてくれる展覧会だった。バッグも奇抜でユニークでエレガントなものばかりだ。赤、黄色、緑、青、紫のビジューを規則正しく埋め込んだカラフルなバッグや、透明感あふれる宝石をちりばめたバッグ、プラモデルを作る前の骨組みのようなバッグ、ラメ入りの生地をキルティングしたハンドバッグ、プラスチックで編んだバッグなど様々な素材やテクニックを使ったバッグが展示されていた。

 ただ単にゴージャスでラグジュアリーなバッグだけでなく、チープにさえ感じられる素材を使ったバッグもあった。それが、天才たるゆえんだろうか、新しいモノ、感性のあるモノ、すべてがディオールの手にかかると魔法のように美しいものになる。それが、デザイナーだと確信させられた貴重なアーカイブが数多く展示された展覧会だった。

【関連資料】
クリスチャン・ディオール,ディオール【Christian Dior】フランス
10月30日にオープンする「エスプリ ディオールの世界」に潜入
エスプリ ディオールーディオールの世界
会期:2014年10月30日〜2015年1月4日
時間:10:30〜19:00
住所:東京都中央区銀座3-5-8 玉屋ASビル
入場料:無料
休館日:12月11日、1月1日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で