「ピュアな花と植物エッセンスから生まれた美と科学」に取り組むアヴェダは、設立以来、自然界由来*のヘアケア、スキンケア、ライフスタイル製品及びサービスを提供する企業であるとともに、地球環境の持続可能性を追求し、環境保全のグローバルリーダーとして様々な活動を行っています。



アヴェダ
そのひとつとして環境保全の観点からニューヨーク コレクション(以下、NYコレクション)のバックステージを持続的に毎シーズンサポートしており、 その結果ペットボトル廃棄の大量削減などに成功してきました。2016年春夏NYメンズコレクションでも、地球環境に対して意識が高く影響力のあるNYのファッションデザイナーを支援しました。これは、最新ヘアスタイルを提案するとともに、ファッション業界における環境への意識啓蒙を図るというアヴェダならではの取り組みです。
■2016 年春夏メンズコレクションでサポートしたコレクションとその担当アーティスト 
Public School(パブリック スクール)   ヘア担当:アレン ルイーズ
Richard Chai(リチャード チャイ)     ヘア担当:フランク リッツェリ
■2016年春夏コレクション ヘアトレンド
【Public School (パブリック スクール)】
パブリック スクールでは、ボリューム感を出しながら、ざっくりとした束感のあるヘアスタイルを提案。 
アヴェダのグローバル アーティスティック ディレクター(ヘアスタイリング担当)、アレン ルイーズ はマンハッタンのスカイライト クラークソン スクエアのイベントスペースで行われた”パブリック スクール”のメンズコレクションにて人目を引くテクスチャーのヘアスタイルを作り上げた。アレンはそれぞれのモデルの生まれ持ったテクスチャーとスタイルを活かしてスタイリングしながら、「ダオ =イー・チョウとマックスウェル・オスボーンという二人のデザイナーのショーを担当するのは今回で 4 回目のシーズンになります。毎回、彼らのますます革新的になっていくデザインに触れることができて、私はヘアスタイルを作るのがますます楽しくなっています」と話した。 

【Richard Chai(リチャード チャイ)】
リチャード チャイでは反抗的な若者をイメージしたコレクションに合わせて、若々しいボリュームあるヘアになるように下準備をし、くしゃっとした無造作なエッジをきかせたヘアスタイルを作り上げた。
アヴェダのゲストアーティスト、フランク リッツェリはマンハッタンのスカイライトでの”リチャード チャイ”のコレクションのためにクールボーイ的なくしゃっとした風合いとボリューム感のある、郊外に住むティーンエイジャー風ルックを作った。今期のコレクションは、わが道を行く規則やぶりな、反抗的な郊外に住む若者からインスピレーションを受けている。その喧嘩腰な個性を強調するように、フランクはクラシカルなだらしのなさを見せるようなナチュラルな風合いや動きのあるヘアスタイルをつくった。「アヴェダのスタイリング製品、ボリューマイジング トニックを使って、元気いっぱいな若々しさを髪に与えた。そして、アヴェダ メンのグルーミング クリームとコントロール ペースト(日本取扱いなし) でくしゃっと乱れたクールなエッジのあるスタイルに仕上げた。」と話した。  
http://www.aveda.jp/ をご覧ください 
http://www.aveda.jp/
【リリース】株式会社PR TIMES

★✈✈✈✈✈
*自然界由2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2faffiliate%3fcord%3ds%26sv%3d11%26sitem%3d%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25B4%25E3%2582%25A7%25E3%2583%2580%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f” rel=”nofollow” target=”_blank”>アヴェダ(aveda)を通販サイトで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で