2010.4.21 (WED) ~ 2010.7.12 (MON) at DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA
新進気鋭アーティストのサポートを積極的におこなっているDIESEL DENIM GALLERY AOYAMAでは、このたびバルセロナ在住のドイツ人アーティストBoris Hoppekの日本初個展”Ever”を開催いたします。
DIESEL DENIM GALLERY AOYAMAではこれまでにもPartizan所属の注目の映像作家Timothy Saccentiや、若手新進建築家の谷尻誠など、さまざまな分野において注目のクリエイターを起用しておりアーティストのセレクションにおいても高い評価を得ています。また、過去に参加したアーティストのその後の活躍もめざましく、建築家・岡田公彦の「Another Geography」展は東京都現代美術館の展示へと発展し、アメリカ人アーティストMark JenkinsはのちにTime誌によってTOP10ゲリラ・アーティストに選出されるなど、新進作家の登竜門としても注目を集めています。
今回の展覧会”Ever”では、Boris Hoppekが常に題材としている”ありふれたもの”を、今までになかった斬新な形で展開していきます。
“西洋人がみる日本文化”をテーマに「LV For Ever」、「Sushi For Ever」、「Shunga For Ever」の3シリーズの作品で構成されます。








LV For Ever: ”日本人は変態プレイにはまっている。”
Hoppekの発行するマガジン「LaVagina」の第3号に登場する作品やストーリーの一部を展開。
Sushi For Ever: ”日本人はいつも寿司を食べている。そして変態プレイにはまっている。”
日本食、女体盛り、ボンデージというコンセプトをベースに描かれたオンナ寿司。
Shunga For Ever: “実は、日本人は何百年もずっと変態プレイにはまっている。”
Hoppekに大きな影響を与えた日本の春画をベースに描かれたシリーズ。
Hoppekの独自の視点により表現された「日本」は、衝撃的で観たものを圧倒し、そして魅了します。ギャラリー一面に広がる彼の突き抜けた世界をどうぞご堪能ください。
会場にてBoris Hoppekのオリジナル限定Tシャツ(¥6,090)やアート作品を販売。
about Boris Hoppek [http://www.borishoppek.de/]
1970年、ドイツ、クロイツタール生まれ。
今から約20年前に壁とスプレー缶を使って作家活動を始める。その間、彼のアートの根底はグラフィティーにあったが、現在の作品は多面的で、インスタレーションからドローイング、写真、映像、また雑誌を制作したりなど多岐にわたる。
彼の作品は、一見、素朴でかわいらしく見える。ただし、もう一度ゆっくり見てほしい。そこには、人種差別、暴力、セックス、女嫌いなどを題材とした、ブラックユーモアあふれるもので、時に鑑賞者を不快な気持ちにして毛嫌いされてしまう。
今までに世界中のストリートやギャラリーにて作品を発表している。2009年には、バルセロナ、ハンブルグ、パリにて個展を開催し、また、ニューヨークのJonathan LeVine galleryにてグループ展に参加したり、ローマのthe Museum of Contemporary Art に招聘され、サイトスペシフィックな作品を発表したりと勢力的に活動中。
Hoppek作品のトレードマークであるBimbo dollsは、ベルリンのキャラクターデザインフェスティバル、Pictoplasma 2009の顔として選ばれ、Opelの広告キャンペーンで2006年から現在まで使用されるなど、幅広い展開をみせている。これまで3冊の作品集を出版。彼の作品はIdN, Elephant、Nicoなど多数の雑誌、新聞などにも取り上げられている。


about Kimiko Mitani Woo / MW Company [http://www.mw-company.com/]
インディペンデントアートキュレーター、アートプロデューサー。
Wieden + Kennedy Tokyoにてナイキの営業担当として勤務した後、2008年5月に独立。 Akasaka Art Flower 08、Nam June Paik Art Center Opening出品作家のマネジメントなどに携わり、2009年2月にMW Companyを設立、東京と上海を拠点に本格的なアートプロデュース活動を開始。既存のアートシーンの枠組みを超えた新鋭アーティストの発掘及びユニークな幅広い分野での作品発表の場をプロデュースし、東アジアのアートシーンの発展に努める。
主な仕事は、DIESEL DENIM GALLERY AOYAMAでのアート展やGYREアートウィンドウの年間を通じたキュレーション、CCC(静岡市クリエーター支援センター)にてJENKINS展のゲストキュレーションやCREAMヨコハマ国際映像祭のPRなど。現在、上海でのプロジェクトなど勢力的に活動中。
about DIESEL DENIM GALLERY [http://www.diesel.co.jp/denimgallery/]
東京とNYにしかないDIESEL DENIM GALLERYは、ディーゼルの中で最もプレステージが高いDIESEL DENIM GALLERYのコレクションと、ギャラリースペースが融合したストア。新進気鋭のアーティストのサポートも積極的に行っており、フロアを作品の発表の場として開放している。DIESEL DENIM GALLERY AOYAMAでは、フロアごとに異なるアーティストによるインスタレーションやアート展を開催しており、1Fは年2回のインスタレーション、2Fは年4回のアート展を開催し、アート作品の販売も行っている。独自のユニークなアイデアで革新的なライフスタイルを提案するディーゼルのアートな空間をDIESEL DENIM GALLERY AOYAMAで是非お楽しみください。
DIESEL DENIM GALLERY ARTWORKS SHOPPING
DIESEL DENIM GALLERY AOYAMAでは、これまでに開催されたアート展の作品やオリジナルTシャツを販売。写真家Chi PengやイラストレーターJules Julien、Mathias、映像作家Timothy Saccenti、ろうけつ染めアーティスト大竹夏紀など、新進気鋭アーティストの作品をディーゼルのウェブサイトにてご覧いただけます。
http://www.diesel.co.jp/cc.php?ddgpr
展覧会概要
タイトル:”Ever”
アーティスト:Boris Hoppek
キュレーター: Kimiko Mitani Woo / MW Company
会期:2010.4.21 (WED) ~ 2010.7.12 (MON)
場所: DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA 2F
住所: 東京都港区南青山6-3-3
Tel: 03-6418-5323
Web: http://www.diesel.co.jp/denimgallery/
開館時間: 13:00〜20:00
休館日: 不定休
協力:
PRESS CONTACT
ディーゼルジャパン株式会社
〒150-0011 東京都渋谷区東1-32-2 渋谷プロパティー東急ビル5F 
Tel: 03-5468-5481 / Fax: 03-5468-1463 / Email: press@diesel.co.jp 
Kimiko Mitani Woo / MW Company
〒150-0011 東京都渋谷区東2-23-8 根岸第一ビル2F 
Tel: 03-6427-9390 / Fax: 03-5468-6209
http://www.mw-company.com/


Share
|




【PR】

イタリア発ヨーロッパNo.1オンラインセレクトショップ YOOX.COM(ユークス)



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
カテゴリー : NEWS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。