プリーツ プリーズ イッセイ ミヤケは、「暮らしの中で生きてこそ、デザインの存在価値がある」という三宅一生の考えを実現させたブランド。プリーツという伝統的な加工素材を、技術開発により軽く、着やすく、扱いやすい機能的な現代の製品へと進化させ、世界中の女性に愛されている。
クリエーション、テクノロジー、ビジネスが巧みに融合された革新的なファッション・プロダクトだ。


第92回NY ADCにてDesign部門金賞を受賞するなど、世界中で好評を博した20周年のビジュアル・シリーズや、昨年発表した「FLOWERS」に続き、最新作「ANIMALS」を発表!!
プリーツ プリーズの生地から生まれたパンダやネコなどの表情豊かな動物たちが登場する。

ビジュアルコンセプト

プリーツ プリーズは、あらゆる可能性を秘めた素材と考えることができます えることができます えることができます。前回は花をテーマにしましたが、今回は人間と共に地球という惑星に暮らす動物達を表現してみました。 してみました。動物達の生態系や環境問題などへの想いも込めていますが、何よりもまずプリーツ プリーズとの出会いと同じように、理屈ではなく、単純に愛らしいものをつくりたいと らしいものをつくりたいと思いました。

グラフィックデザイナー 佐藤 卓


Art Direction: Taku Satoh Design: Shingo Noma Photograph: Koji Udo
Copyright 2014 ISSEY MIYAKE INC.


Art Direction: Taku Satoh Design: Shingo Noma Photograph: Koji Udo
Copyright 2014 ISSEY MIYAKE INC.

ネコ、パンダ (1月末展開)

-佐藤 卓 Satoh Taku –

1979年東京藝術大学デザイン科卒業、1981年同大学院修了、株式会社電通を経て、1984年佐藤卓デザイン事務所設立。
「ロッテ キシリトールガム」「明治おいしい牛乳」「ISSEY MIYAKE PARFUMS: L’EAU D’ISSEYパッケージ」等の商品デザイン、「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」のシーズン・カタログデザイン、「金沢21世紀美術館」「国立科学博物館」等のシンボルマークを手掛ける。
また、NHK Eテレ「にほんごであそぼ」アートディレクター、「デザインあ」総合指導、21_21 DESIGN SIGHTディレクターを務めるなど多岐にわたって活動。著書、展覧会も多数。

29日より、以下の路面店でビジュアルを展開し、
一部店舗で、モニターでのスライドショーも始まる。

店舗:
PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE / AOYAMA
PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE / ROPPONGI、
PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE / TOKYO SKYTREE
ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE / GINZA
ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE / SEMBA
また全国の各店舗でANIMALS のショッパー使用がスタート(なくなり次第、終了)
29日より、以下の路面店でビジュアルを展開し、
一部店舗で、モニターでのスライドショーも始まる。

ISSEY MIYAKE INC.



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。