2015年1月21(水)よりWEBでスペシャルムービー『黒由紀姫』公開!


柏木由紀
鹿児島県は、このたび薩摩大使の柏木由紀さん(AKB48)を起用し、鹿児島の「黒素材」をPRするキャンペーン「鹿児島は黒」を開始いたします。キャンペーン第一弾として、ウエブページ(http://www.kagoshima-kankou.com/kuroyukihime/)を開設し、スペシャルムービー『黒由紀姫(くろゆきひめ) (プリンセストーク ぶとうかい篇)』を、2015年1月21日(水)から公開致します。

柏木さんは、鹿児島県出身で、2011年から本県のキャッチコピー「本物。鹿児島県」のイメージアップキャラクターを務め、2012年からは薩摩大使に就任し、鹿児島の魅力を発信してきました。今回新たに制作したWEBムービーでは、白雪姫ならぬ、鹿児島を心から愛する「黒由紀姫」に扮し、真っ黒のドレスに身を包んだ美しいお姫様役で登場しています。



馬車がなくて舞踏会に行けず困っている友達のシンデレラからの相談に対し、「鹿児島黒牛に乗って行けばいい!」と大胆提案、鹿児島愛に溢れるマシンガントークを繰り広げるシーンが見所となっています。ついつい後先考えず鹿児島をプッシュしてしまう黒由紀姫の、可愛いくもちょっとブラックなジョークが効いたムービーに仕上がっています。
今回の出演にあたり、柏木さんは、「白雪姫ではなく黒由紀姫になりました!鹿児島には黒のつく特産品がたくさんあります。黒由紀姫として、県内県外の方に改めて鹿児島の特産品をPRしていきたいです。」と意気込みを語っています。

鹿児島県は、おなじみの黒豚はもちろん、良質のブランド牛である黒牛に黒さつま鶏、黒酢、黒砂糖、クロマグロなど「黒」を冠にした素材が多く、また、伝統工芸品でも薩摩焼の黒薩摩や、薩摩黒切子などまさに「黒王国」と呼ぶにふさわしい黒い名産品が数多くあります。キャンペーンを通じ今後全国に鹿児島の黒の魅力を情報発信してまいります。



■「鹿児島は黒」キャンペーンについて                                         
鹿児島県は、2011年より「本物。鹿児島県」をテーマにPRキャンペーンを行っており、手つかずの大自然や良質な温泉、安全・安心な食材、人情味あふれる県民性など、鹿児島県には人々を元気にする本物の素材にあふれていることをPRしてまいりましたが、食材や伝統工芸品に黒い名産品が数多くあることに着目し、2015年は「鹿児島は黒」キャンペーンを開催することとなりました。

キャンペーン第一弾として、ウエブページを開設し、スペシャルムービー『黒由紀姫 (プリンセストーク ぶとうかい篇)』を1月21日(水)から公開致します。今後も続編を順次公開予定です。

また、柏木さんが登場する「かごしまの”黒”ハンドブック」を作成し、順次配布いたします。黒食材や、伝統工芸品についてその魅力を分かりやすく解説する他、「黒を巡る」旅のプランなども提案しています。全国での百貨店・量販店での物産展や主要観光施設,県外事務所等に設置される予定です。



http://www.kagoshima-kankou.com/kuroyukihime/

【リリース】株式会社共同通信PRワイヤー

★✈✈✈✈✈AKB48柏木由紀を通販サイトで探す



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。