日本代表に勝たなきゃダメでしょ〜!オファーあれば監督も
「来年までには結婚します」とまさかの結婚宣言も




2015 年 1 月 24 日(土)、静岡県は、静岡-鹿児島間の航空路線活性化を目的とした「極旅静岡」プレゼントキャンペーン記念イベントをイオンモール鹿児島にて開催致しました。 記念イベントは、静岡県文化・観光部 藤原直宏さんが「極旅静岡」プレゼントキャンペーンの詳細内容を発表。さらに「静岡県は魅力が山のように詰まっているので鹿児島の皆さんには、是非”極旅静岡”を体験して頂きたい」と集まったお客様にアピールしました。





その後、サッカー元日本代表 武田修宏さん(静岡県出身)が登場すると、会場は大きな歓声に包まれました。静岡県の魅力について聞かれた武田さんは「静岡には西から東まで素敵な名所が沢山あります。高校時代から富士山を見ながら練習していました。駿河湾から見る富士山など最高ですよ。」と話しました。

また、「極旅静岡」については「こんな贅沢な旅、静岡県に住んでてもなかなか体験出来るものではないです。総額 250 万円なんて応募しなきゃ損ですよ!」とコメント。さらに、未だに独身であることについて聞かれると「来年には結婚しますよ!」と驚かせるも、「相手はいないですけど・・・」と会場を盛り上げた。好きな女性について聞かれると「料理が上手い人」と話し結婚への意気込みも語りました。最後には前日アジアカップで敗戦した日本代表について「勝たなきゃダメでしょ〜」と一言。「オファーあれば監督もやってみたいです。」とサッカーに対する熱い想いを語りました。



折り紙で作った飛行機をボードに目がけて飛ばし、指定された穴に入ると静岡県の名産品が当たるというゲーム。参加者達は思い通りコントロール出来るよう丁寧に紙飛行機を折り、ボード目がけて飛行機を飛ばしました。鹿児島市内から訪れたという東條さん家族は「紙飛行機を使ったイベントだったので子供達は喜んでましたし、私達も楽しむ事が出来ました。お茶も非常に美味しかったですし、静岡県を知る良いきっかけになりました。極旅静岡にも是非、応募してみようと思います」と話しました。

ゲームは計 3 回開催され、静岡県の名産品をゲットしようと長蛇の列が。紙飛行機が穴に入る度歓声が上がるなど、訪れた人達を多いに盛り上げました。

■「極旅静岡」キャンペーンについて
静岡県は、静岡-鹿児島間の航空路線活性化プログラムを立ち上げ、空路という”One to One”の交通インフラを活かして、より多くの方々に静岡県に足を運んで頂きたい思いから、フジドリームエアラインズ(FDA)で行く豪華な旅行プラン「極旅静岡」を開発しました。厳選された静岡のお宿・お食事・名所巡りなどを詰め込んだ 3 泊 4 日の旅に 4 組 8 名様をご招待するこのキャンペーンは、鹿児島県にお住まいの方だけがご応募いただけるおもてなし企画となっております。







http://www.fujidream.co.jp/campaign/kiwamitabi/

★✈✈✈✈✈武田修宏を通販サイトで探す


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。