ファイナリストの健康美な水着審査ステージを全掲載
1


2015年3月12日、『2015ミス・ユニバース・ジャパン』が、ホテル椿山荘東京にて開催されました。
昨年秋に、全国47都道府県で開催された地方大会で選出された44名、約3ヶ月にわたる厳しいトレーニングを経て
2月よりはじまったビューティーキャンプにてトレーニングやマナー講座、美容講座を受け、
世界レベルの女性に成長したファイナリストの中から日本代表が選出されます。

<1st SESSION>
各々カジュアルな服装にて、自己紹介&ダンスショーが行なわれ、
44名から16名の候補が選ばれました。
2

3

4

5

6
MC:高橋克典、押切もえ

<2nd SESSION>
選ばれた16名が水着で登場。
年末のファイナリストお披露目会より、自信と洗練されたウォーキングを披露しました。
16名からさらに5名が最終審査に。
7
左~高瀬茜(25歳・モデル・愛媛県代表)
右~前林由佳子(24歳・販売員・福島県代表)

8
左~猪子里奈(26歳・臨時職員・大分県代表)
右~島田七実(21歳・会社員・宮崎県代表)

9
左~富田彩紀子(25歳・会社員・岩手県代表)
右~山岡文佳(26歳・モデル・神奈川県代表)

10
左~藤原万由子(17歳・高校生・京都府代表)
右~宮本エリアナ(20歳・アルバイト・長崎県代表)

11
左~土屋ひかる(23歳・モデル・千葉県代表)
右~多田玉青(25歳・大学院生・東京都代表)

12
左~平田理奈(23歳・アルバイト・富山県代表)
右~宮口みのり(25歳・モデル・香川県代表)

13
左~兼子真央(24歳・モデル・愛知県代表)
右~庄司梨紗(25歳・モデル・宮城県代表)

14
左~本野沙弥(23歳・公務員・岐阜県代表)
右~名取恵里(22歳・大学生・山梨県代表)

<3rd SESSION>
ドレスに着替えて最終候補5名には審査員よりの質問に対してのスピーチになりました。15

<授賞式・結果発表>
発表は、特別賞、4位、3位、2位と発表され、最後の1位の発表には、一緒にレッスンをしてきた
仲間としての受賞を喜び合った。
16

17

18
中央~1位:エリアナ(20歳・アルバイト・長崎県代表)
右~2位:猪子里奈(26歳・臨時職員・大分県代表)
左~3位:土屋ひかる(23歳・モデル・千葉県代表)

19
「世界大会は日本代表として、日本人らしさも持ちつつ、グローバル社会になっていくので、
自分をアピールしていきたい」と抱負を述べた。
ミス・ユニバース・ジャパン:www.missuniversejapan.com/

同時開催の『Mr.JAPAN』はファイナリスト10名より、
渡部純平(26歳・モデル・秋田県代表)がグランプリを受賞した。
20

取材協力:GirlTube (http://girlstube.jp/
他コンテストのファイナリスト経験者の二人が記者・レポーターとして活動中。 
21
左~大杉麗美 http://ameblo.jp/remy424/
右~板垣里菜子 http://ameblo.jp/rinafromusa/

〜Rina’s Comment〜
宮本エリアナさんは、スラッとしたスタイルにチャーミングなスマイルがとても印象的です。
日本人とアメリカ人とのハーフの彼女はスピーチで「ハーフの私でいいのだろうか」と
自分のアイデンティティについて多くの葛藤があったことを明かしつつも、
日本代表として頑張りたいと意気込みを話していました。
今年の日本代表には今までにないようなポテンシャルを感じます!
今後開催されるミス・ユニバース世界大会に期待します。

【リリース】「NEXT」(ネクスト)by kazunari nakanishi

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で