マリエがショートカットにイメージチェンジで登場
1


今年で80周年を迎えるフランス発のメイクアップブランド、「ランコム」。
その記念イベントにモデルのマリエ、新パリジェンヌ ミューズのカロリーヌ・ド・メグレと
メイクアップ クリエイティブ ディレクターのリサ・エルドリッジが出席した。
ウェスティンホテル東京で行われたトークショーでは、
ランコムの提唱するフレンチビューティーのテーマである”エフォートレス フレンチ シック”について三人が答えた。

カロリーヌ・ド・メグレ
出身国:フランス
プロフィール:モデル、音楽プロデューサー等、様々なジャンルで活躍し。
2014年ランコムのパリジェンヌミューズに就任。
2
「美しさ」は完璧を目指すことではない。なぜなら完璧な女性など存在しないからです。
パリジェンヌはまさに「エフォートレス」だけど、どこかに美しさがあります。
それはファッションについても当てはまり、スタイリッシュに見せるためにはコーディネートに
一つだけインパクトのあるアイテムを取り入れるようにしています。
それを飾るように他のアイテムをシンプルに抑えるのがコツで、派手なアイテムが複数あってはいけないのです。

リサ・エルドリッジ
出身国:イギリス
プロフィール:ランコムの新メイクアップ クリエイティブ ディレクターに就任。
3
日本人女性について言えることは、彼女たちは美容にとても感心が高いことです。
クレンジングなどのスキンケアはヨーロッパやアメリカよりもずいぶん早くから気を使っていて、驚きました。
メイクアップは本来簡単であるべきです。
トレンドのコスメもいいですが、一番大切なことは素の自分に自信を持ち、
自分の中のベストなものをメイクアップを一つのツールとして使って引き出すことです。

マリエ
プロフィール:ファッションモデル、タレント。
2011年9月よりパーソンズ美術大学(ニューヨーク)に留学し活動の幅を広げる。
4
若いころからの憧れのあったブランドですし、
カロリーヌさんとリサさんは昔からの大ファンなのでこの場にいれるのがとても光栄です。
今日のメイクアップはランコムの「エフォートレス フレンチ シック」ということで
自分のナチュラルさを引き出すメイクにプラスαでオレンジリップにしてみました。
年を重ねるごとに人生が本当に楽しくなってきていて、
今は本当の楽しみ方を追及にできるようになってきたのでとても充実しています。

プレス会見ではマリエからランコムの80周年記念をお祝いしてケーキがプレゼントされた。
5

JOEL ROBUCHONにて開催されたMAISON LANCOMEでは
ブランドの香水を試すことのできるフレグランスバーやプロのメイクアーティストによる
メイクアップコーナー、アーティストによるライブパフォーマンスなどが用意され
盛大に80周年記念が祝われた。
6

7

8
9
http://www.lancome.jp/

取材協力(TEXT):板垣里菜子(GirlsTubeレポーター) 
http://girlstube.jp/
http://ameblo.jp/rinafromusa/
10
トークショーで3人のお話を聞いて、「エフォートレス フレンチ シック」というコンセプトに憧れを抱きました。
今までは「自分の欠点を隠す」という意味でメイクをしていましたが、
これからは素の自分にメイクをプラスするという形でよりナチュラルなメイクアップを試したくなりました。
カロリーヌさんは最近「パリジェンヌのつくりかた」という本を出版されたそうで、
パリジェンヌのライフスタイルや恋の掟について学びたいと思いました♡
11

12

【リリース】「NEXT」(ネクスト)by kazunari nakanishi

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で