エリーロース卒業し、ラストパフォーマンスで号泣。
1


2015年4月21日、新木場「Studio Coast」にて毎年大盛況のガールズイベント
『ViVi night in TOKYO 2015』が開催された。

2
今回のコンセプトは”イースター・パーティ”。
カラフルな仮装ファッションをした女子が2500名が集結し、
ViVinight恒例のファッションショーやライブで熱気のあるステージとなった。
3

<< オリジナルファッションショー >>
モデルが各自オリジナルな衣装でのファッションショーを行った。
4
REINA

5
MAYUKO(左) MITSUKI(右)

6
ALISSA(左)・TINA(中央)・EMMA(右)

7
MAGGY

8
左~ERI、MAGGY、ELLI-ROSE、MAI、YUI

<< 玉城ティナ アーティスト生歌初披露 >>
「カリメロ」(テレビ東京系アニメ)のエンディングテーマ「ぼくはカリメロ」を初披露。
http://www.universal-music.co.jp/tina-tamashiro/
現在YouTubeにてPV放映開始
9

10

<< Dream ライブ >>
スペシャルゲストには、Dreamの4人が出演。 左~Ami、Aya、Erie、Shizuka
“こんなにも” ”ダーリン” ”ヒマワリ”の3曲を披露。
http://www.dream-ldh.jp/
11
Ami「今日のViVinightのドレスコードが”カラフル”ということで、私たちも衣装をカラフルにしてきました」
一同「どうでしょうか」「ジャンルが違ったカラフルです」
Ami「さっき、河北麻友子ちゃんと会って、”久しぶり”って話をしたんですが、
“衣装、ブリブリですね”って言われました」
12

<< エリーローズ ラストパフォーマンス >>
13
ラストのランウェイトと感動的なスピーチでモデル陣も号泣するステージとなった。
14
「ViVIモデルになって早10年になりました。当初、前髪ぱっつんのパンク少女だった
18歳の私は、右も左もわからず、撮影のときは毎回すごく緊張してました。
けど、その緊張を武器にハイテンションだった私は、おもしろい話をしたり、ジョークを飛ばしたり、
ファニーなリアクションで現場の雰因気を明るくしてこれたのも、
仲間であったViViモデルのみなさん、編集さんなど、撮影や取材なども全力で尽くせていけたのも、
読者のみなさんがいたからです。気づけば生活の中心だったViViは私の最大の表現の場で、
着実に自分のスタイルを築き上げていけた場所でした。
それもViVi読者からの声援や数え切れない暖かいコメントがあったからです。
“これ、おしゃれだよね””かわいいよね”とモデルと読者と一緒になって
意見を交わしたり、価値観を共有したり、共に時代を歩み共に成長し大人になっていきました。
今、思えばViViは学校のような存在で、授業はファッション、トレンド、センス、ビューティ、
そしてライフスタイル、幸いに自分が得意な科目だったので留年せずに卒業ができました。
プライベートで、つらいことや悲しいことがあったときは、モデルやスタッフのみんなががなぐさめてくれたり、
DJという部活を始めた時はプレイを聞きにきてくれたり、仕事が続いてて、疲れているときは癒してくれたり、
思いっきり笑わせてくれたり、そこにはたくさんの愛がありました。
VIViでの出会いは、私の一生の宝物です。
ViViがあってからのエリーローズが存在してて、次のステップに勇気と自信、女性である強さや、
あるべき美しさを、私に持たしてくれました。
私は、ここで卒業しますが、終わりではなく、また新たなステージの始まりです。
この10年間、本当に忘れない思い出です。ViVi。ありがとう」

エリーローズ
http://ameblo.jp/elli-rose/

<< グランドフィナーレ >>
15

16
ViVinight公式サイト
http://vivi.tv/421/

取材協力:伊藤真愛美(左)・宮本菜々穂(GirlsTubeレポーター) 
http://girlstube.jp/
http://ameblo.jp/nanachandance/
17

【リリース】「NEXT」(ネクスト)by kazunari nakanishi

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で