園子温監督がオリジナル脚本で『リアル鬼ごっこ』を映画化。
1


2015年7月11日公開映画『リアル鬼ごっこ』の完成試写会&舞台あいさつが丸の内ピカデリーで行われ、
園子温監督と主演のトリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜のトリプルヒロイン三人が登壇。
『リアル鬼ごっこ』は、山田悠介氏のホラー小説が原作で、園子温監督によるオリジナル脚本にて映画化。
MCよりの映画紹介のインタビューにおいては、
園子温監督より「ネタバレ駄目だよ。慎重にね」「気を付けてね」と一言。
2
トリンドル玲奈(ミツコ役)
3
「走るシーンも多く大変だったんですが、一生懸命がんばりました。」
4
園監督の印象は:
「怖かったですね。映画を見て涙があふれて、初めて味わう怖さでした」
篠田麻里子(ケイコ役)
5
「JKと突然のウェディングドレスで花嫁になりました」
「いままで演じることって難しくとらえていたのですが、映画に飛び込んで、新しく感じたり、心が揺らぐ考える暇もなくストーリーが展開していくっていうのが、本当に楽しくて、実際に私たちも演じるという感覚がほとんどなくて、ずっと、体感するという感覚で、今日見てくださったらわかるのですが、”アトラクションムービー” となってます」
6
「卒業してからアクション映画に出てみたくて、キックボクシングを1年くらい習っていました。このお話が来たので夢のようで、アクション稽古の入った時に、アクションとキックボクシングは全然違うんで言われまして、”当てる”キックボクシングと、”当てずに見せる”アクションとの違いを、改めて難しさだったりを勉強になりました。唯一三人の中で戦う役になってます」
真野恵里菜(いずみ役)
7
「見て頂くと後にわかるのですが、走ってしかいなかったので、演じてみてというより園さんについていかなければと。
いままでに園さんの作品に何本か出させていただいているのですが、園さんが一番遠く感じました。走るシーンも
トラックにカメラを乗せて、園さん自身も乗って追いかけるのですがいつまでたっても追いつかないし、カットがかからないんですよ。どこまで走ったらいいんだろなと、心が折れないようにいい聞かせてました」
8
「普段の生活で走ることはないのですが、今回は、マラソンランナー役なので、走りこむ稽古がありまして、スタイリッシュ、かっこよく見せることを意識して走ったことはなかったので、頭も疲れました」
9
園子温監督
10
「三者三様ともに、壮絶な内容で、死ぬ気で頑張って頂きました。
見ていて、すごい迫力で圧倒されっぱなしでした」
「ジェットコースタームービーなので、じっくり楽しんでください」
11
キャノン砲で会場が真っ赤紙テープで一色に
12
『リアル鬼ごっこ』
7月11日(土) 全国ロードショー!
配給: 松竹、アスミック・エース
©2015「リアル鬼ごっこ」学級委員会
http://realonigokko.com/
イメージソング:「リアル鬼ごっこ」GLIM SPANKY 
シングル7月1日発売(ユニバーサルミュージック)
https://www.youtube.com/watch?v=VLwkN3IYph0&feature=youtu.be


【リリース】「NEXT」by kazunari nakanishi

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で