2015 年 6 月 16 日、香港のカイ・タク・クルーズ ターミナルにて、オメガは映画「ザ・ホスピタル・イン・ザ・スカイ」のアジア・プレミアを開催しました。このドキュメンタリー映画は、オービスインターナショナルの”空飛ぶ眼科病院”でのシンディ・クロフォードの体験が描かれています。



左からオービスインターナショナル開発部長 ポール・フォレスト、 オメガ アンバサダー シンディ・クロフォード、オメガ副社長 インターナショナル セールス ディレクター レイナルド・アッシュリーマン
今回のイベントには、この映画のナレーターもつとめた、オメガの長年のブランドアンバサダーのシンディ・クロフォード、オメガ副社長 インターナショナル セールス ディレクターのレイナルド・アッシュリーマン、そして、オービスインターナショナルの開発部長のポール・フォレストが参加しました。
シンディ・クロフォード
シンディ・クロフォード
オービスの”空飛ぶ眼科病院”は、特別に改造されたジャンボジェット機で、眼科病院、そして研修施設としての機能と設備を完璧に兼ね備えています。”空飛ぶ眼科病院”の1つのミッションを追った今回のドキュメンタリー映画「ザ・ホスピタル・イン・ザ・スカイ」は、オメガ制作による 48 分の作品です。この中で、ペルーのトルヒーリョに着陸、活動中の”空飛ぶ眼科病院”を視察するシンディ・クロフォードと、彼女の娘、カイアの体験が映し出されています。
「これまで、数々の素晴らしい体験をしてきましたが、今回の旅は本当に特別な思い出となりました。このような得難い体験を娘と共有できたこと、そして、医師達の活動を手の届く距離で視察できたのは、忘れられません」とシンディはコメントしています。
今回の映画は、オメガとオービスインターナショナルが共同制作した、第 2 作目となります。1 作目の「スルー・ゼア・アイズ」はダニエル・クレイグが出演し、モンゴルでの”空飛ぶ眼科病院”の活動が映し出されました。
上映会の後、オメガのアッシュリーマンは、「このような活動に関われる事を誇りに思います。視力は本当に大切なものです。オービスと一緒に仕事が出来るという事実は、オメガの社員にとって、大きなモチベーションになります。オービスの活動に参加していると感じられるからです」とコメントしました。
オービスインターナショナルは、非営利組織であり、ハイクオリティな眼科治療と、治療可能な失明撲滅活動を、世界中で行っています。また、僻地にいる医療従事者に対する研修も行っています。
オービスのフォレスト氏は「飛行機が飛び立つ時は、現地スタッフの治療技術・知識が向上した事を意味します。その土地で、彼らは進んだ医療を提供できるようになり、地元民の生活を変える事ができるのです。この映画を見てもらえれば、我々の活動がいかに影響力があるものか分かっていただけるはずです」と述べました。
今夏、アジア、ヨーロッパ、ラテンアメリカの各地域では、ナショナル・ジオグラフィック・チャンネルで、このドキュメンタリー映画が放映される予定です。東南アジアでは、香港が最初の放送地となり、ナショナル・ジオグラフィック・チャンネルにて、6 月 19 日(金)に放映され、その後、順次世界で放映されます。
ザ・ホスピタル・イン・ザ・スカイ
左からシンディ・クロフォード、2007 年のミス・ワールド ジャン・ズーリン
ザ・ホスピタル・イン・ザ・スカイ
シンディ・クロフォード
ザ・ホスピタル・イン・ザ・スカイ
左からオービスインターナショナル開発部長 ポール・フォレスト、オメガ アンバサダー シンディ・クロフォード、オメガ副社長 インターナショナル セールス ディレクター レイナルド・アッシュリーマン、Cyrus Chow
ザ・ホスピタル・イン・ザ・スカイ
シンディ・クロフォードと娘のカイア、息子のプレスリー
ザ・ホスピタル・イン・ザ・スカイ
左からオメガ副社長 インターナショナル セールス ディレクター レイナルド・アッシュリーマン、シンディ・クロフォード
オメガとオービスインターナショナルについてはこちら
【お問合わせ先】
スウォッチ グループ ジャパン オメガお客様センター TEL:03-5952-4400
http://www.omegawatches.com/planet-omega/social/orbis

★✈✈✈✈✈オメガを通販サイトで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で