松坂桃李、三本締めでヒット祈願!続編にも意欲!
「みんなに広めて!」パディントン愛語る
世界40ヶ国語以上で翻訳、全世界3,500万部以上の売り上げを誇るロングセラー児童小説「パディントン」をあの『ハリー・ポッター』シリーズのプロデューサーが実写映画化した『パディントン』が、大ヒット公開中です。すでに全世界では興行収入320億円を超える大ヒットを記録し、日本が最後の公開となりました。



パディントン(paddington)

世界中の人々に愛され、笑顔と幸せを届けてきた主人公パディントンの日本語吹替を松坂桃李(27)が、そして、パディントンを温かく迎え入れてくれるブラウンさん一家の優しいお母さんを斉藤由貴(49)、ブラウンさん一家の長女でしっかり者の勉強家ジュディの吹替えを三戸なつめ(25)が担当します。
また、パディントンを狙う謎の美女ミリセント役を木村佳乃、親切なブラウンさん一家のお父さん・ブラウンさん役を古田新太が担当しており、この超豪華キャストの日本語吹替版も話題の本作。公開2日目となる16日(土)に、松坂桃李、斉藤由貴、三戸なつめが登壇する舞台挨拶を実施いたしました!
上映前、パディントンがエスコートする形で松坂桃李、斉藤由貴、三戸なつめが登場すると、場内からは大歓声が!「皆さん今日はお越しくださってありがとうございます!可愛らしいパディントンを観て、子供向け映画だと思っている方、結構びっくりされると思います。本当に面白い映画です!」と松坂が挨拶すると、続く三戸も「初めてのアフレコはすごく緊張しながらでしたが、パディントンにずっと癒されながら、楽しい時間を過ごすことができました。
公開を迎えられて、素敵な時間を皆さんと共有できることが嬉しいです!」と興奮気味で挨拶。一方の斉藤は「私が演じたブラウン夫人は、パディントン駅でクマを見つけて、パディントンの名付け役なんです!そんな大役を演じられて光栄です。」とコメントしつつ、「…あっ!これ、ネタバレかしら…!あんなに(舞台挨拶が)始まるまで注意していたのに。でも本当にすごく素敵なお話しで、私自身クマに泣かされるとは思いませんでした(笑)」と観客の笑いを誘いました。
ついに映画が公開を迎えたことに対して松坂は、「クマの声のお話をいただいたときは、衝撃が走りました、正直最初は「む、無理かも」と思いながら、「本当にクマを演じるんですよね?」って何度も聞き返してしまいました。でも有吉さんもやられていたし、頑張ってみようかと」と当初の気持ちを振り返り、「映像を観てからは、パディントンが終始可愛くて、早く皆さんにもその可愛さを伝えたいなと思っていたので、今日を迎えられて嬉しいです。」とコメント。
斉藤と三戸も「最初に映像を見た際に、ロンドンの街並みや、ブラウンさんのおうちが本当にステキで、美しくて。皆さんもあなどることなかれ!って感じです」(斉藤)、「小さい頃からパディントンが本当に大好きで、作品に携われたことは本当に光栄ですし、劇中、私が演じたジュディがパディントンと一緒にクマ語を話すシーンがあるのですが、まさかパディントンとクマ語を話す日がくるなんて!と嬉しかったです」(三戸)とそれぞれ喜びを語りました。
吹き替えを務めた”紳士すぎるクマ”のパディントンと自身との共通点を聞かれた松坂は「ん~肌の色ですかね(笑)ずっとアフレコしながら思っていました。今日の服はパディントンをイメージした(ベージュ)なんです」と笑顔で返答。一方、久しぶりの吹き替えとなった斉藤は「サリー・ホーキンスさんが演じたブラウン夫人は英語を話しているわけで、話すスピードも長さも違うんですよね。
そこにぴったり声をあてることに注意しながらも、彼女が演じたキャラクターのニュアンスを壊さないよう意識しました。また、アーティストであるブラウン夫人のもつ雰囲気も大切にして、でも私が演じることで、何かプラスしたいなと思いながら臨みました」とアフレコを振り返りました。また、プロモーション期間中、試写会やイベント等で3人の中で最もパディントンと登壇してきた三戸は、「昨日もラジオも一緒に出たり、(私の)ライブにも遊びに来てくれたり、多分一番パディントンと会っていたので、すごく寂しい!」と本日のイベントでパディントンとしばしのお別れとなることに対して、寂し気な表情を浮かべつつ、「次に会った時は、私の出身地である奈良を案内して、鹿に一緒に鹿せんべいをあげたい!」とパディントンへの熱い想いを語りました。
さらに、”紳士すぎるクマ”でありながら劇中トイレを壊してバスルームを水浸りにしたり、と生活の中でおちゃめな失敗を繰り返すパディントンの愛すべきキャラクター性にあやかり、MCから「最近やってしまった失敗」を聞かれた3人は、「今年の正月に実家に帰った際、甥っ子にお年玉をあげようと思っていたのに、あげる直前にお金を持っていないことに気が付いて…!焦ってすぐ銀行でお金をおろしました(笑)なんとか間に合いましたけど、3歳くらいになる甥っ子に適切な金額はいくらだろうと迷いました。
いくらあげたかは秘密です。」(松坂)、「冬休みがあったお子さんも多かったと思いますが、私の子が冬休み最後の日に山ほど宿題が終わっていないことが発覚して…。「なんでこんなにやってなかったの~!」って頭からツノを出すくらいに怒ったんです。夜中まで頑張ってなんとかすべてやりきったのですが、翌日学校から「1つも宿題を出してない」って電話がかかってきまして…。
昨日あんなに頑張って宿題をやったのに、勉強机に全部置き忘れていたんです。なんでランドセルまで入れるところまで確認しなかったんだろうって自分を反省しました(笑)」(斉藤)、「私は前髪が短いんですけれど、この短さでも巻くんですよね、前髪。でも短すぎておでこをやけどしちゃうことが多くて。最近もやってしまいました(笑)この短さだと隠しようがないので、気をつけます!」(三戸)とそれぞれ失敗談を暴露。場内からは笑いがこぼれました。
トーク後半、パディントンから映画のヒット祈願と公開記念舞台挨拶のお祝いにプレゼントとして、”巨大クマ手”が贈られた3人。その大きさに驚きの表情を浮かべつつ、仕上げとしてユニオンジャックの旗をそれぞれ飾り付け、熊手が完成すると、「パディントンのように紳士にふるまって、真摯に仕事に取り組みたいですね。優しい気持ちを大切にしたい」(松坂)、「ブラウン夫人のようにやさしくて、あたたかいお母さんとして、頑張りたいなと思います。あんまり怒らないように…(笑)」(斉藤)、「去年は皆さんにすごく笑顔にしてもらったので、今年はパディントンのように皆さんを笑顔にできるような年にしたいなと思います。」(三戸)と今年の抱負を明かしました。
最後には、会場に集まった観客と三本締めで映画のヒット祈願!松坂による「いよーおっ!」という掛け声で場内が一つになり、三本締めは見事一発成功!!拍手が鳴りやまない中、松坂が「本当にパディントン、すごく素敵です。またパディントンを取り巻く家族や周囲の人たちもみんな素敵で、家族の愛や絆が美しく、あたたかく描かれている作品です。どうやら続編も作られているみたいなので、皆さんも口コミを広めていただいて、ぜひ続編も日本公開が実現してもらいたいなって思います。パディントンにもまたぜひ会いたいので!」と締めくくりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【作品概要】映画史上一番紳士なクマに、 ハッピーと笑顔があふれ出す!
イギリス・ロンドン。真っ赤な帽子を被った小さな紳士が、家を探しにはるばるペルーからやってきた。丁寧な言葉づかいで道行く人に話しかける彼だったが、なぜか誰からも相手にしてもらえない。 それは・・・彼が”クマ”だから!やっと出会った親切なブラウンさん一家に”パディントン”と名づけられ、屋根裏に泊めてもらうことになる。そうして始まった初めての都会暮らしはドタバタの連続!果たしてパディントンは無事に家を見つけることができるのか―!?そして、そこには、もっと素敵な何かが待っていた・・・!
日本語吹き替えキャスト:松坂桃李、木村佳乃、古田新太、斉藤由貴、三戸なつめ
出演:ベン・ウィショー
(声の出演)、ニコール・キッドマン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス ほか
監督:ポール・キング  
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ  原作:マイケル・ボンド
公式サイト
© 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™, Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited
http://paddington-movie.jp/

★✈✈✈✈✈パディントン(paddington)を通販サイトで探す



★☆◉ニュース雑ッピング【Fashion NOW】◉☆★

「AWA(アワ)」が東京スカイツリーⓇとコラボレーション 豪華アーティストによる「世界一の夜景×MUSIC[AWA]」 オリジナルプレイリストを公開
AWA株式会社が運営する、サブスクリプション型(定額制)音楽配信サービス「AWA(アワ)」は、東京スカイツリーが2016年1月16日(土)~2月26日(金)に開催するバレンタイン企画「世界一の夜景フルコース」の一環として、「世界一の夜景×MUSIC[AWA]」というテーマのもと、アーティストや著名人が作成したプレイリストを公開いたします。また、2月12日(金)、13日(土)には、地上350メートルからの夜景を眺めながら大人が踊って楽しめる、東京スカイツリー初のDJナイト「DISCO&CLUB SKYTREE」を開催する予定です。
カンディハウスは、イタリアのミラノサローネに次ぐ、世界最大級の家具・インテリアの見本市「ケルン国際家具見本市2016」に出展
セレブ界重鎮が勢ぞろい!ゴールデン・グローブ賞レッドカーペットファッション
グッチ 2016-17年秋冬メンズコレクションをライブ配信
日本発ラグジュアリーブランドはどんなブランド?それを探るPOPアップNEXT LUXURYをプロデュースしました。
LEONARD WONG EXPERIMENTAL LINE
第4回「京都国際写真祭」コンデナスト社のファッション写真など貴重なコレクションを公開

既にモデルデビューを果たしているデビッド・ベッカムの息子ブルックリン(16)、ジュード・ロウの息子ラファティ(19)、ダニエル・デイ=ルイスとフランス人女優イザベル・アジャーニの息子であるガブリエル・ケイン(20)らが
ラーメン娘が優勝 「日本」テーマのファッションコンテスト (2016年01月18日)
 優勝したのは、鳴門巻きや麺など、ラーメンのモチーフを全身に施したアジド・デルタ(Agied Derta)さんの作品
SAKURA COLLECTION
アジド・デルタ(Agied Derta)J-Food
【次回予告】ファッション通信1月23日号「2016春夏パリ・コレクション・フォーカス 2」
エレガントなレイヤードスタイルを見せた「ドリス ヴァン ノッテン」や「ミュウミュウ」など、強さの中に女性らしさを見出す新たな”フェミニニティー”をひもとく。
放送日:1月23日(土)23:00〜23:30
チャンネル:BSジャパン
URL:http://www.bs-j.co.jp/fashion/
*毎週土曜夜23時放送
新川優愛、清楚感溢れるミニワンピで春先取り<ファッションチェック>

自己表現が苦手な女性へ。60代のファッションアイコンが伝えたいこと
ファッション界からもボウイさん悼む声、バーバリーのショーでも
英ブランド「バーバリー(BURBERRY)」が11日、ロンドン(London)で行ったファッションショーで、モデルの一人がカメラに向けて両の手のひらを開き、黒の大文字で書いた「BOWIE」という文字を見せる一幕があった。10日に亡くなった英歌手デヴィッド・ボウイ(David Bowie)さんに壇上で哀悼の意を示した。
“世界一かっこいいハゲ”ジェイソン・ステイサムが20歳下ファッションモデルと婚約
人気アクション俳優のジェイソン・ステイサム(48)とロージー・ハンティントン=ホワイトリー(28)が婚約した。
ジェイソン・マイケル・ステイサム(Jason Michael Statham, 1967年7月26日 – )
イギリスの俳優。スタントなしで演じることが多く、『キラー・エリート』のプロモーションで来日した際、アクションシーンについて問われ「俳優として、すべてのシーンに責任があると思っている。もちろんアクションシーンもね。だから、そこだけを他人に任せるというのは、ちょっと違う気がする。可能な限り自分で演じ、その緊迫感で表現できることが大事だと思うんだ。」と述べている
ロージー・アリス・ハンティントン=ホワイトリー(Rosie Alice Huntington-Whiteley, 1987年4月18日 – )
イギリス出身のファッションモデル。これまでにバーバリーの他、アバクロンビー&フィッチ、ダナ・キャラン、ラルフ・ローレン、高級デパートのブルーミングデイルズ等の広告に起用されてきた。2006年、ヴィクトリアズ・シークレットのモデルに起用され、いわゆる選抜チーム的な”エンジェル”の一員に2009年からなったことで人気が一気に爆発した.[7]。エマニュエラ・デ・パウラ、リンジー・エリンソン、キャンディス・スワンポール、シャネル・イマンという4名と並んでの”エンジェル”入りであった。
レア・セドゥ、「ルイ・ヴィトン」の新アンバサダーに就任
「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」は、メゾンの新たなアンバサダーとして、フランス人女優レア・セドゥ(Lea Seydoux)を起用した。 レア・セドゥは、2013年に主演した『アデル、ブルーは熱い色』でパルム・ドールを受賞し、最近では007シリーズ最新作『スペクター』でボンドガールを演じている注目株。ひとつに収まらないスタイルで果敢にチャレンジを続ける姿が「ルイ・ヴィトン」ウーマンを体現するとして、今回白羽の矢が立った。
レア・セドゥ(Léa Seydoux, 1985年7月1日 – )
フランスの女優。2013年、主演したアブデラティフ・ケシシュ監督の『アデル、ブルーは熱い色』が第66回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞[1]。また、スティーブン・スピルバーグ監督率いる審査員側より、セドゥとアデル・エグザルホプロスにも特別にパルム・ドールが贈られ、セドゥは同映画祭史上初となる出演女優としてのパルム・ドール受賞を果たした。
2014年、『アデル、ブルーは熱い色』と『Grand Central』での演技で、第19回リュミエール賞の最優秀女優賞を受賞した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で