株式会社クリーク・アンド・リバー社は、 ファッションデザイナーやパタンナー、 プレス、 MDなど、 ファッション・アパレル業界で働くプロフェッショナルの素顔や生きざまに光をあてたヒューマンドキュメント誌 「FASHION CREATOR’S MAGAZINE [ファッションクリエイターズ・マガジン] vol.8」を発刊。

FASHION CREATOR'S MAGAZINE [ファッションクリエイターズ・マガジン]


本号では、 パリ・コレクションに10年間参加し続け、 若者に人気のブランド『NO CONCEPT BUT GOOD SENSE』を手掛けるほか、 無印良品の衣料品ディレクターや東京メトロの制服デザインを担うなど幅広い活躍を見せる永澤陽一氏を特集。
世間や企業が望んでいることを第一に考え、 “やりたいことがあるなら迷わず何でもやること”を自分のスタイルにしていると語る永澤氏の素顔に迫りました。
FASHION CREATOR’S MAGAZINE [ファッションクリエイターズ・マガジン] vol.8
2016年2月号のご案内
[ファッションクリエイターの肖像]
永澤 陽一
[Fashion Creator’s Opinion]
クールジャパン機構(株式会社海外需要開拓支援機構)
代表取締役社長
太田 伸之
[陰翳礼讃]
narifuri
[新世代の躍動]
DRESSEDUNDRESSED
AKIKOAOKI
[プロフェッショナルの志事]
丸安毛糸
■ FASHION CREATOR’S MAGAZINE [ファッションクリエイターズ・マガジン]
隔月刊
判型:変型A4版
定価:515円(本体477円)
編集・発行/株式会社クリーク・アンド・リバー社
「 FASHION CREATOR’S MAGAZINE 」編集部
発行人/井川 幸広
編集人/鍜冶村 忠
【購読のお申込み】
株式式会社クリーク・アンド・リバー社
「 FASHION CREATOR’S MAGAZINE 」編集部
フリーコール:0800-919-9992
Email
当社が運営するファッションメディアサイトSOW.TOKYOにて、 冊子内のコンテンツを一部お読みいただけます。
ファッションクリエイターズ・マガジンは、 ファッション業界を舞台に、 日本でそして世界で活躍する人々の人生観、 仕事観、 その挫折や栄光の軌跡に光を当てることで、 この業界で働くすべての人々の挑戦を応援する”ヒューマンドキュメント誌”をテーマとして編集しております。 世界中に活躍の場が広がっているファッションクリエイターの人生を、 どこまでも応援し続けたいという当社の決意の表れです。
隔月発行でアパレルメーカー、 百貨店、 専門店など一般企業に対して10,000部を発行するほか、 定価515円(本体477円)にて購読を受付けております。 今後、 服飾関連学部のある大学や専門学校、 あるいは一般の方々にも購読先を拡大することで、 ファッション・アパレル業界を盛り上げるとともに当社のファッションクリエイター・エージェンシーの認知度を高めてまいります。
http://sow-fca.tokyo/
【リリース】株式会社PR TIMES

★✈✈✈✈✈ファッションデザイナーを通販サイトで探す



★☆◉ニュース雑ッピング【Fashion NOW】◉☆★

「美しく。あなたらしく。」TSUBAKI誕生10周年記念 蜷川実花さんとのスペシャルコラボ限定品、2016年2月上旬発売 ~華やかな世界観とともに、日本女性一人ひとりの咲き誇る美しさを応援~

UNDER ARMOUR 2016年春夏シーズン 2月1日より展開開始
 アンダーアーマーの日本総代理店である株式会社ドーム(本社:東京都江東区 代表取締役 :安田 秀一)は、 2016年2月1日よりアンダーアーマー2016年春夏シーズンの新商品を順次展開します。
http://www.domeshoppingzone.com/underarmour

それぞれが先行プレ秋2016ファッションショーをxは
the poetry of material things
Fresh Ways to Wear a Classic Button-Dow…
クラシックボタンダウンを着用するフレッシュな方法
Couvre-chefs
コレットの帽子セレクション
Comme des Garçons
コムデギャルソン
Flower Power !
コレットのフラワー関連セレクト
Passion Japon
African Travels
フランス人の好きなアフリカ旅行
BEHIND THE RUNWAY: BACKSTAGE ACCESS TO FASHION’S BIGGEST SHOWS

Doreamon

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で