大阪エヴェッサ(ヒューマンプランニング株式会社、本社:大阪市)は、2015年10月3日~2016年1月31日まで募集・投票を行ってきました「大阪エヴェッサ新・チームキャラクター」を、TKbj-league2015-2016シーズン第49節vs大分・愛媛ヒートデビルズ戦(17:00ティップオフ/府民共済SUPERアリーナ)の試合終了後のセレモニーにて発表いたしましたのでお知らせいたします。今後は、クラブ発足時からのチームキャラクター「まいどくん」の仲間として、活動してまいります。
■新・大阪エヴェッサチームキャラクター/最優秀賞(賞金10万円)

#大阪エヴェッサ


「おおきにちゃん」  最優秀賞:大澤 康史様
「まいどくん」の幼なじみで、福の神・実りの神である「大黒様」に憧れる 「なにわのラッキーガール」。大阪エヴェッサの勝利・優勝を応援するため、 チアチームで修業中。運動神経抜群で、いつも元気。おしゃれが大好きで、 トレードマークはチームカラーの赤い頭巾と大きな福耳。
今後、大阪エヴェッサチームキャラクター「まいどくん」の仲間として 活動して参ります。
[最優秀賞受賞者:大澤 康史様コメント] この度は、当方応募作を採用していただき、ありがとうございました。 また、投票してくださった方々にも御礼を申し上げます。 『まいどくん』の幼なじみで、大黒様に憧れる”なにわのラッキーガール” というコンセプトのもと、デザインをさせていただきました。『まいどくん』とともに、 『おおきにちゃん』を”まいど!おおきに!”とみなさまにかわいがっていただければ 幸いです。改めまして、この度は誠にありがとうございました。 
■優秀賞(賞金5万円)
①「たいりょうくん」 優秀賞:中筋 みづき様
#大阪エヴェッサ
②「てんちゃん」 優秀賞:前田 昌克様
#大阪エヴェッサ

■選考結果
応募総数:145作品
1次選考通過作品:23作品 ※クラブにて選考
2次選考 ※WEB投票および試合会場にて、ファン・ブースターのみなさまの投票にて選考 
ヒューマンプランニング株式会社 大阪エヴェッサ事業
ターキッシュエアラインズbjリーグに所属するプロバスケットボールチーム「大阪エヴェッサ」の運営をはじめ、アスリートマネジメント事業、スポーツ興業など、スポーツを通じて、青少年の育成、地域活性を図っています。
●代表取締役 : 佐伯 敬次 
●所在地 :大阪市中央区南船場4丁目3番2号 御堂筋MIDビル9階
●資本金 :5,000万円 
●URL :http://hp.athuman.com/
【リリース】株式会社PR TIMES

★✈✈✈✈✈大阪エヴェッサを通販サイトで探す


:

★Fashion NOW ザッピング

カルバン クライン「エタニティ サマー」限定の香り登場
「カルバン クライン(Calvin Klein)」は4月27日、ブランドのアイコニックなフレグランス「エタニティ」から、エキゾティックでトロピカルな限定フレグランス「エタニティ サマー」をレディース、メンズともに発売する。

カルバンクライン エスケープ 100ml EDP

カルバンクライン エスケープ 100ml EDP
価格:4,350円(税込、送料別)

R・ハンティントン、アグ オーストラリアのキャンペーンに
「アグ オーストラリア(UGG Australia)」は、英モデルのロージー・ハンティントンホワイトリー(Rosie Huntington-Whiteley、28)を「クラシックII」ブーツ・キャンペーンのイメージガールに起用すると発表した。同ブランドでは過去40年で最大規模のキャンペーンになる予定。ロージーは、この新たなパートナーシップを通じて「異なる」側面を見せていきたいと意気込んでいる。

「グッチ」新たなシグネチャーレザー誕生
「グッチ(GUCCI)」の2016/17年プレフォール コレクションに、新たなシグネチャーレザーを使った新作アイテムが登場した。「グッチ」独自の新技術によって誕生したこのマテリアルは、滑らかな光沢、ハリのあるラグジュアリーな質感が最高級カーフレザーであることを証明。レザー全面にグッチの代表的アイコンであるGGパターンをあしらい、カラーはベーシックトーンのブラックに加えて、ハイビスカスレッド、エメラルドグリーン、シャインパープル、フラッシュピンク、ローズベビーキャンディーなど、鮮やかなパレットで彩られた。

風でスカートが…キャサリン妃の写真掲載したインド紙に批判殺到
インドの有力紙が12日、同国を訪問中の英国のキャサリン妃(Catherine, Duchess of Cambridge)のドレスの裾が風でめくれ上がって太ももがあらわになった写真を1面に掲載し、女優マリリン・モンロー(Marilyn Monroe)の出演映画の有名な一場面になぞらえて「マリリンの瞬間(Marilyn moment)」と見出しを付けて報じたところ、ソーシャルメディアなどで「礼儀に欠ける」などと批判が殺到する事態となっている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で