車のイベントが行われた。一時間前からメディアが並んでいた。会場に入ると一般客やセレブにサービスするのでなく、カメラマンに数種類のドリンクやフィンガーフードを何度も提供してくれた。
ファッション関係では、特にカメラマンはゴミ扱いだ。彼らは写真や映像などのヴィジュアルの重要性を知らない。テキスト重視の時代は終わっている。
奢ってもらったからと言って、宣伝などしない。癒着など言語道断だ。ところでこの車、小回りが利いて、二百万を切る価格だそうだ。宣伝しているって。
むやみに、奢ってもらうとこうなる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で