政府にとっては、憲法改正が本丸の参議院議員選挙。何としても、与党で2/3を取りたかった。すんなり、改正が出来るからだそうだ。週刊リテラシーの受け売りですが。自民党の先生達は、戦争したい人ばかりなのかな。
昭和16年頃に限りなく近いと感じる。ほとんどの中小企業を潰して、貧困層を増やす。貧困が兵士を作る。確実に歴史は繰り返している。後戻りしている。若者たちの中には、海外に逃げる事を真剣に考えているようだ。
海外でタックスヘブンにより財産を移しているお金持ちや企業の全容を曝露したパナマ文書は、マスメディアが自ら抹殺している。戦争が始まれば、タックスヘブンや移民が加速する。金持ちと若者は、予知能力がある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で