蓮沼執太(音楽家)× 青柳いづみ(女優)× 古川日出男(作家)
日時:2016年8月27日(土)、28日(日) 各日15:00
場所:東京都庭園美術館・新館 ギャラリー2
参加無料(展覧会「こどもとファッション」のチケットが必要)

#偽ガルシアマルケス


庭園 を もつ 美術館 に て、
         作家 と 音楽家 と 女優 が ジェネレート する、
                   音 と 物語 の 「告白の部屋」 。
2016年8月27日(土)28日(日)、東京都庭園美術館にて、古川日出男(小説家)、蓮沼周太(音楽家)、青柳いづみ(女優)とそれぞれの分野で活躍する3名による言葉と声、音と音楽のスタディ「偽ガルシア=マルケス」の公演が決定しました。東京都庭園美術館がスペシャリストを招き多様なパフォーマンスアートを紹介するプログラム「TTM:IGNITION BOX 2016/2017」今年度第1弾プログラムとして上演される本公演。
古川日出男が本作のために書き下ろしたテキストを、青柳いづみの生身が体現化、蓮沼執太の鳴らす音楽がそれをコンダクトし、音と物語が溶け合う重層的な「空間」を作り出します。演劇ではなく、即興でもなく、音という見えない糸によって操られる、現代における<浄瑠璃>のような世界に観客を誘うことでしょう。
公演に先立ち、8月20日(土)には、電子書籍「偽ガルシア=マルケス」(Kindle Single)がAmazonより発売、オーディオブックがAmazonのオーディオブック定額制配信サービス、Audible(オーディブル)より配信開始予定。   Kindle本は先行予約も開始します。夏の終わり、ぜひ未知なる空間をご体感ください。
まったく足場の異なる表現に携わる3人が、どんな”未知”の空間を生み出せるだろうか? 
それは音楽ではない。それは演劇ではない。もちろん小説ではない。
だが、その場にいる観客といっしょに確実に共有されるものだ。
ガブリエル・ガルシア=マルケスという、知っている人は知っているだろうし知らない人は「誰それ?」だろう小説家の、その偽者も登場させたい。偽者なのだから、たった一人に限らない(!)。音楽家も、女優も、作家も、そのためのジェネレーターだ。無数のお話が溶けて、無数の音となって、声となって、そして無数の”動き”に変じる。本当にミニマム、かつ本気で壮大な、「夢見るような」時間を現出させたい。
古川日出男

公式WEB:http://a-false-garcia-marquez.tumblr.com
東京都庭園美術館「TTM: IGNITION BOX 2016/2017」
東京都庭園美術館(TTM)が”発火装置”(Ignition box)となり、映像、音楽、メディアアートが交差する、TOKYO発の多様なパフォーミング・アーツを紹介するプログラム。2015年よりスタート、外部のスペシャリストをお招きし、演劇、ライヴ、映像など、美術館の空間を舞台に多様なプログラムを発信中。今年度はさらに「パフォーマンス」や「空間」の概念を大きく拡げるラインナップがそろいました。今もっとも刺激的な活動を行っているアーティストによる、ここでしか見られない共演をお楽しみいただけます。
https://www.teien-art-museum.ne.jp/programs/ignitionbox_2016_17.html
公演概要                                
Poetry Reading / Live / performance
「言葉と声、音と音楽のスタディ『偽ガルシア=マルケス』」
日時:2016年8月27日(土)、28日(日) 各日15:00-17:00
会場:東京都庭園美術館 新館 ギャラリー2 (定員各90名/要事前ウェブ予約)
参加無料(展覧会「こどもとファッション」のチケットが必要)
  ★WEB予約受付開始:7月27日(水)12:00〜
東京都庭園美術館
  03-5777-8600 (ハローダイヤル)
各プログラムの開催日1ヶ月前より東京都庭園美術館WEBにてオンライン予約を受け付けます。申込開始日に予約の申込フォームができますので、そちらに必要事項を記入いただきます。
出演:蓮沼執太(音楽家)、青柳いづみ(女優)、古川日出男(作家)
テキスト:古川日出男
公式WEB:http://a-false-garcia-marquez.tumblr.com
ディレクション:古川日出男  映像:河合宏樹  宣伝美術:牧寿次郎 WEB協力:干谷紀子 制作宣伝:浦谷晃代
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館  
8月20日発売・配信開始!                     
電子書籍(Kindle Single)& オーディオブック
「偽ガルシア=マルケス」(著:古川日出男)
8月20日(土)発売・配信開始!

偽ガルシア=マルケス
電子書籍:Kindle Single
  予約注文ページ(Kindle本):http://www.amazon.co.jp/dp/B01I8LZ6LU
   Kindle価格:¥199  販売:Amazon Services International, Inc.
オーディオブック:Audible(オーディブル)
  月額1,500円(税込)で聴き放題の定額制サービスです。
  登録後1か月間(Amazonプライム会員は3か月間)は無料体験ができます。
  Audibleウェブサイト(www.audible.co.jp)からお申込みください。
【お客様お問い合わせ先】
Audibleカスタマーサービス(24時間対応)
TEL:0120-899-217 
MAIL:customerservice@audible.co.jp
プロフィール
#古川日出男
©朝岡英輔
古川日出男(ふるかわ・ひでお)
1966年福島県生まれ。作家。著書に『女たち三百人の裏切りの書』(野間文芸新人賞・読売文学賞)、『LOVE』(三島由紀夫賞)、『アラビアの夜の種族』(推理作家協会賞・日本SF大賞)、『ベルカ、吠えないのか?』など。十年以上にわたって「活字」と「声」のボーダーを越える活動に挑みつづけ、東日本大震災後には朗読劇「銀河鉄道の夜」のチームを率いて全国各地を回る(最新の出演メンバーは管啓次郎、小島ケイタニーラブ、柴田元幸、後藤正文[ASIAN KUNG-FU GENERATION])。
音楽家の蓮沼執太とは the coffee group 名義のユニットで活動し、2010年にCD『ワンコインからワンドリップ』をリリースした。また、2013年には空間現代のシングル「通過 Remixed by 蓮沼執太」にも参加(映像はhttps://www.youtube.com/watch?v=ipluwC2ltsw)。女優の青柳いづみとは、朗読劇のドキュメンタリー映画「ほんとうのうた〜朗読劇『銀河鉄道の夜』を追って〜」(河合宏樹監督)にてスクリーン上のみで共演。本イベントがリアル空間での初共演となる。
#蓮沼執太
蓮沼執太(はすぬま・しゅうた)
1983年、東京都生まれ。音楽作品のリリース、蓮沼執太フィルを組織して国内外でのコンサート公演をはじめ、映画、演劇、ダンス、音楽プロデュースなどでの制作多数。近年では、作曲という手法を様々なメディアに応用し、映像、サウンド、立体、インスタレーションを発表し、個展形式での展覧会やプロジェクトを活発に行っている。最新アルバムに『メロディーズ』(2016)。また、自ら企画・構成をするコンサートシリーズ『ミュージック・トゥデイ』を主催。2014年はアジアン・カルチャル・カウンシル(ACC)のグラントを受け、アメリカ・ニューヨークに滞在。主な個展に『作曲的|compositions – space, time and architecture』(国際芸術センター青森 2015)、『have a go at flying from music part3』(東京都現代美術館 ブルームバーグパヴィリオン 2012)など。個展『作曲的|compositions – rhythm』9月27日よりスパイラルにて開催予定。http://www.shutahasunuma.com/
#青柳いづみ
© 篠山紀信
青柳いづみ(あおやぎ・いづみ)
女優。07年マームとジプシーに参加、08年チェルフィッチュに『三月の5日間』ザルツブルグ公演より参加。以降両劇団を平行し国内外で活動。近年は飴屋法水(演出家)や金氏徹平(現代美術家)との共同作品の発表、今日マチ子(漫画家)との共作漫画エッセイ「いづみさん」(PR誌ちくま/筑摩書房)の連載なども。


★✈✈✈✈✈古川日出男をamazonで探す


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で