家族でパーマカルチャーで有名な相模原市藤野にある東尾垂の湯と言う温泉に来た。



きゅうり、なす、しそ、みょうが、アボガド、えび、こんぶ、ごま、きざみのりなどをトッピングした美容丼を頂いた。
それにしてもこの温泉のメニューは、薬膳カレーうどんや健康丼など魅力的なネーミングが多い。
パーマカルチャー
エコロジカルデザイン・環境デザイン分野の用語であり、自然のエコシステムを参考にし、持続可能な建築や自己維持型の農業システムを取り入れ、社会や暮らしを変化させる総合的なデザイン科学概念。
パーマカルチャー(Permaculture)という言葉は1970年代にオーストラリア南部のタスマニア島で暮らしていたデビッド・ホルムグレンとビル・モリソンが作った造語である。ふたりによれば最初その言葉はパーマネント(permanent)とアグリカルチャー(agriculture)を組み合わせ「永続する農業」という意味が込められていた。パーマカルチャーを初めて世に問うふたりの唯一の共著『パーマカルチャー・ワン』(1978年)によれば、「動物や多年生の植物、および自家更新する植物を人間が利用する目的で組みあわせたシステムであり、それは常に進化する」と定義されていた。

★✈✈✈✈✈パーマカルチャーをamazonで探す
リンクに表示されるテキスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で