メ~テレ制作のドラマ「名古屋行き最終列車」は名鉄電車を舞台にした地域密着のドラマです。
その第5弾となる「名古屋行き最終列車」が この冬、 放送決定となりました。 これまで日本民間放送連盟賞テレビドラマ番組優秀賞など数々の賞を受賞し、 名古屋発のローカルドラマとして定着した「名古屋行き最終列車」。 今回ももちろん松井玲奈が主演。 また、 メ~テレドラマでは初めて4K版の制作に挑戦します!2017年はメ~テレ開局55周年。 周年にふさわしい充実の内容でお届けします。 ぜひご期待ください。
※放送エリア:東海地区ローカル(愛知・岐阜・三重)

松井玲奈

主演の松井玲奈さん
<番組概要>
【タイトル】  開局55周年記念番組 メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車2017」
2012年、 メ~テレ50周年特別番組としてスタートした「名古屋行き最終列車」
2017年メ~テレ開局55周年に第5弾として放送。 2012年第1弾から今回の第5弾まで制作が続いている名古屋を代表するドラマ。

【企画意図】
さまざまな他人が乗る電車を地球そのもの、 人生の縮図と考え、 普段はレールのように決して交わらないそれぞれ関係のない人々がふとしたきっかけで交錯し、 そこから発展していくドラマを地域色豊かに見ていただこうというもの。 平凡な人生もひとつ電車を乗り過ごしただけでとんでもない事に巻き込まれたり人生を変える出会いがあったり、 生きていること自体の奇跡と、 生きていることへの感謝を、 表現するドラマです。 帰宅方向が都会から郊外へと向かう人々ではなく逆方向の少数派の人々の人生を描いています。 彼らの人生の忘れ物が補填されるエンターテインメントなストーリーを楽しんでいただきたく思います。

【内容】
名古屋へ向かう最終列車で繰り広げられる、 笑いあり、 涙あり、 人情あり、 コメディありのストーリー。
さまざまなドラマや舞台での演技が高い評価を得ている松井玲奈をはじめ、 個性豊かな俳優陣が登場。

【出演】   松井玲奈 ほか

【スタッフ】
脚   本 :菊原共基
監   督 :神道俊浩
チーフプロデューサー: 水元利香  プロデューサー:大池雅光
技   術 :恒川正次

【制作者のコメント】
ロケ現場で、 若者・おじさん・お年寄り、 いろんな年代の方から「毎年みてます。 」「今年もやるんですネ!」「楽しみにしてます」と応援の言葉をいただき、 ずっと続けてきてよかったなとつくづく思います。
今年もみなさんおなじみの駅や場所が登場します。 楽しみにしてください。

【松井玲奈 コメント】
「もう5年もやってるんだ、 と思いびっくりしました。 (笑)
こんなに長く続いて、 とってもありがたく思っています。
東海地方のみなさんに見ていただけているからこそ続いている作品です。
今回も見終わった後に、 心が温まる素敵なストーリーが集まります。
楽しみに待っていてください。
これからも続いていくように、 がんばりたいです。 」

【4Kについて】
※4Kでの視聴方法については後日お伝えします。
番組ホームページがオープンいたしました。

【リリース】株式会社PR TIMES

松井玲奈をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で