ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社は、耳に装着しハンズフリーで音声による新しいコミュニケーションの形を提案するスマートプロダクト、『XperiaEar(エクスペリアイヤー)XEA10 』を11月18日(金)より発売しました。
本製品の発売に伴い、製品の使用イメージを表現したコンセプト動画「TWOURIST〜ふたり旅〜」をYouTube公式アカウントで11月18日(金)より公開。

1119sony

■動画の見どころ
「TWOURIST〜ふたり旅〜」篇では、「ふたり旅」というタイトルにも関わらず、旅をしているのは一人の女性です。しかし、様々な観光地で女性が独り言を言うと、まるで二人で会話しているかのように、その独り言に対して、誰かが答えてくれます。実はこの動画では、全身をボディペイントした女性が背景と同化して隠れています。常に耳元であなたをサポートするXperiaEarのボイスアシスタントをより具現化するために、旅行している女性を手助けする謎のアシスタントとして表現しました。是非、一度、背景と同化している女性を探してみてください。

1119sony2

■ストーリー詳細
朝、ホテルで東京のガイドブックを読んでいる女性。外はあいにくの空模様。「今日の天気は?」とつぶやくと、どこからか姿の見えない謎のアシスタントが「今日の新橋の天気は、雨のち曇り」と教えてくれる。

その謎のアシスタントは、上野の根津神社までの行き道、横浜赤レンガ倉庫についてなど様々なことを教えてくれる。また、10分前に知人から着信があったことも丁寧に知らせてくれる。

実は、この謎のアシスタントは、全身にボディペイントを行い、横浜赤レンガ倉庫のカフェでコーヒーを飲んでいる風景と同化しています。彼女を手助けしていた謎のアシスタントは、XperiaEarのボイスアシスタントでした。だから、TOURISTではなく、タイトルも「TWOURIST〜ふたり旅〜」となっています。

■製品概要

XperiaEarは、耳に装着することで、スマートフォンを鞄などから取り出すことなく通話やメッセージの送受信ができ、スマートフォンの確認が難しい移動中の車内などのビジネスシーンで便利にお使い頂けるほか、プライベートでも周りの景色を楽しみながらコミュニケーションを楽しむことができるスマートプロダクトです。

ボイスアシスタントの音声にこだわることで、自然に近い音声対話を実現しました。さらに、加速度センサーとジャイロセンサーの搭載により、通話やメッセージの返信希望を問う本機からの問いかけに対し、首を縦(はい)、横(いいえ)に振るヘッドジェスチャーでも指示を出すことができます。柔軟性のある素材を使用することでフィット感、軽量感を追求しました。

1119sony3 1119sony4

■撮影エピソード

『目には見えない存在が情報を伝えてくれる』そんなXperiaEarのボイスアシスタント機能を表現するために、謎のアシスタントを視聴する人から見えないようにする必要があり、背景に完全に溶け込ませるために5時間以上かけてペインティングしました。
背景とボディペインティングを同化させる撮影は、太陽などの変化によって、光の当たり方が変わってしまうため、通常は屋内で実施します。

しかし、今回は開放感のある旅行シーンを表現するために、難易度の高い屋外での撮影にチャレンジしました。あらかじめベースのボディペインティングを屋内で行ったあと、屋外の撮影現場に移動。事前のペインティング作業はもちろん念入りに行いましたが、いざ撮影現場に立つと背景と明るさが違って見えたり、色合いなどが微妙に合わず、細かい微調整・修正を行う時間が想定以上にかかりました。その仕上がりはぜひ、映像で確認してみてください。

■お問い合わせ先
・お客様からのお問い合わせ先:
ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社お客様ご相談センター
フリーダイヤル0120-111-156 /一部のIP電話から050-3754-9728(有料)
営業時間: 平日10:00〜18:00、土・日・祝日10:00〜17:00

http://www.sonymobile.co.jp/

【リリース】株式会社PR TIMES

ソニーモバイルをamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で