バンタンデザイン研究所は、一般のみなさまにもご参加いただける「スタイリスト 伊賀大介氏と映画活動家/放送作家の松崎まこと氏による特別公開講座」を 2016 年 11 月 30 日(水)に開催。

22 歳からスタイリストとして第一線で活躍し、雑誌、広告、映画、演劇など多方面のスタイリングを手掛けている伊賀大介氏。最近では映画『モテキ』、『苦役列車』、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』のスタイリングを務めたほか、アニメーション映画作品『おおかみこどもの雨と雪』にもスタイリストとして関わり、話題となりました。

今回は、映画活動家/放送作家の松崎まこと氏とのトークセッションの中で、伊賀大介氏がこれまでスタイリストとして携わった映画を元に、映画とファッションの関係性・映画におけるスタイリストの魅力・スタイリストがどのような意識で現場に立っているのか、を探っていくスペシャルな公開講座となります。

【スタイリスト伊賀大介氏と映画活動家/放送作家の松崎まこと氏による特別公開講座】
日時: 2016 年 11 月 30 日(水)19:00-20:30
会場: 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西 1-3-4 バンタンデザイン研究所 セッションタワー
定員: 20 名
参加費: 無料
お申込方法: 下記イベント HP の URL 内よりお申込みください ※応募者多数の場合、抽選となります
※申込締切 11 月 29 日(火)23:59
イベント HP
お問い合わせ: 0120-03-4775 (バンタンデザイン研究所/ 担当: 影正)

伊賀大介

■伊賀大介氏プロフィール
1977 年 西新宿生まれ。
96 年より熊谷隆志氏に師事後、99 年、22 才でスタイリストとしての活動開始。
雑誌、広告、音楽家、映画、演劇、その他諸々「お呼びとあらば即参上」をモットーに労働。下手の横好きながら、文筆業もこなす。携わった映画は、「ジョゼと虎と魚たち」 監督 犬童一心、「真夜中の弥次さん喜多さん」 監督 宮藤官九郎、「さくらん」 監督 蜷川実花、「ナインソウルズ」 監督 豊田利晃 希新役(今宿麻美)、「死神の精度」監督 筧昌也、「蘇りの血」監督 豊田利晃、「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」監督 大森立嗣、「少年メリケンサック」監督 宮藤官九郎、「GANTZ」 監督 佐藤信介 黒服星人…など

松崎まこと
■松崎まこと氏プロフィール
映画活動家/放送作家。1964 年生まれ、東京都出身。早稲田大学第一文学部卒業。TBSラジオ「荒川強啓/デイキャッチ!」、「伊集院光/日曜日の秘密基地」、TOKYO-MX「博士の異常な鼎談」、「松嶋×町山/未公開映画を観る TV」、WOWOW 動画「町山智浩の映画塾」等担当。映画活動家として「水道橋博士のメルマ旬報」に『映画活動家日誌~“田辺系”先物買いガイド』を連載。ラジオや TV 番組、映画イベントへの出演、短編動画プロデュース等も手掛ける。「田辺・弁慶映画祭」へは 2007 年より参加し“映研審査員”等を経て 2014 年よりコンペティション部門ティーチイン MC を務める。映画評論家松﨑健
夫とのユニット“松崎ブラザーズ”では、人呼んで“松崎 A”。

■ バンタンデザイン研究所
1965 年にスタートした、クリエイティブ分野の専門スクール。国内 2 拠点(東京・大阪)でスクールを運営し、ニューヨークのパ
ーソンズ大学と日本で唯一の提携プログラムを持っています。現役プロのクリエイターを講師に迎え、ファッション、グラフィックデザ
イン、映像など様々な分野において業界と連携した実践型デザイン教育で、即戦力となる人材を育成する教育事業を展開
しています。
バンタンデザイン研究所HP

伊賀大介をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で