2017年Newヒロインをフォーカスした「“私が主役!”のヒロイン宣言」大特集
森 星さんの新連載「Hikari meets STARS」スタート!第1回は尾上右近さんと対談!
さらに、大注目俳優 中川大志さんのインタビューもお届け!
[特別付録]「25ans」だけのスペシャルデザイン 「ソニア リキエル」ボーダートートバッグ

1124hkar

20代~50代の幅広いエレガンスな女性達に支持されるクラスマガジン「25ans(ヴァンサンカン)」では、2017年1月号(2016年11月28日(月)発売)から、新カバーガールにモデルの森 星さんを迎え新しい年をスタート。1月号の表紙では、たくさんの花をバックに森 星さんがグッチのドレスを着て華やかに登場。

メイン特集として、2017年のNewヒロイン達のファッションやライフスタイルにフォーカスした「“私が主役!”のヒロイン宣言」を全40ページでお届けします。また、森 星さんの「Hikari meets STARS」が連載開始。第1回は、星さんと同い年(24歳)の歌舞伎俳優 尾上右近さんをゲストとして迎えます。さらに、大注目俳優の中川大志さんのインタビューも収載しています。また、本号には特別付録として、「25ans」のためだけにデザインされた「ソニア リキエル」ボーダートートバッグがついています。

森 星 1124hkar4

■ 大特集「 “私が主役!”のヒロイン宣言」

運気的に女性が活躍する年といわれる2017年。「25ans」では現代のヒロインについて考え、輝いて生きる彼女たちのスタイルと働き方を大特集します。「25ans」の新ヒロインとなった森 星さんのロングインタビューをはじめ、星さんの祖母でもある森 英恵さんへの取材、菜々緒さんや桐谷美玲さんのヒロイン企画なども収載しています。

ロングインタビュー「森 星が今、考えること」

たくさんの花と自然光の中で行われたカバー撮影。納得がいくまで何度もトライする星さんは・・・
『カバー初仕事は少し緊張!でもとてもいい写真になったと思うの。どう?』

モデルとしてのキャリアについて・・・

『祖母が森 英恵で姉が森 泉なのだということを重く感じた時期がありました。(中略) 吹っ切れたのは、二人の孫、妹であることは間違いなく私のアイデンティティのひとつだし、このファミリーの一員であることを心から愛していると改めて気づいたから。そして自分に自信を持てるようになったこともあると思います。』

星さんにとってのヒロイン像とは・・・

『誰かをゴールにしたら、そこにしかたどり着けないと思うから。最終的には自分がヒロインと思えるようになりたい。』『ゴールと言えば、25ansで素晴らしい作品を残してく、その1回1回も身近なゴールね。(25ansについて)大人の上品さをもちながら、同時に少女の可愛らしさも兼ね備えていることではと考えています。』
『母はすごく可愛い人です。(中略) リアルな意味でのヒロインは母かもしれません。』

星さんが “モリママ”と呼ぶ祖母の森 英恵さんについて・・・

『格好いい人。もちろん、家族でいるときは普通におばあちゃんです。(一緒に仕事をするようになり) いろいろな歴史を積み重ね、目標を次々達成してきた強い女性として、仰ぎ見るようになりました。』『(祖母の仕事を引き継ぐことについて) もしかしたら私が動き始めることで、それを実現できるかもしれない。少しずつそう思うようになりました。(中略)せっかくモデルをしているのだから、私なりのやり方を見つけられないかなと考えているんです。』

大先輩 “ヒロイン” 森 英恵先生から「今を生きるエレ女に贈るエール」

長年に渡り世界を舞台に活躍してきた大先輩ヒロイン、森 英恵先生にインタビュー。女性達に向けた温かなメッセージをお届けします。

NY、パリと世界を舞台に仕事をしてきたことについて・・・

『仕事をするうえで大切にしてきたのが、 “私は日本人だ”という自負でした。(中略) 黒髪やアジア人ならではの肌の色をコンプレックスにするのではなく、素晴らしい個性なのだと心得て、それを輝かせるにはどうすればいいか。「違い」は素敵に表現できると私は信じています。』

森 星さんが表紙を務めることについて、『お行儀悪いことはしていません?』 とお祖母様の顔に。

■ 森 星さんの新連載「Hikari meets STARS」

森 星さんをホステスに各界のスターをお招きする対談連載がスタート。第1回は、星さんと同い年で、2017年に25歳になる歌舞伎俳優 尾上右近さんが登場します。初対面で緊張していた二人も同い年トークに花が咲き、最後にはコラボレーションをしようとハイタッチするほど盛り上がりました。

星さん 『右近さんがこれから挑戦したいと思っていることは?』
右近さん 『コラボレーションかな。(中略)自分がやってきたことと、ほかのジャンルの素敵な部分をうまくつないで、新たなものをつくるということをしてみたいんです。』

星さん 『それってファッションと似ているかもしれないです。目まぐるしく変わるモードの世界で、それでも消えずに進化し続けていくブランドは核となる部分を残しつつ、新たな風をうまく取り入れてミクスチャーしているもの。』

1124hkar6 1124hkar7
■ 注目俳優 中川大志さんインタビュー

大河ドラマ「真田丸」での豊臣秀頼の好演など、次世代を担う存在として注目される中川大志さん。人気漫画を実写化した「きょうのキラ君」(2017年2月25日全国公開)では、大人の女性も胸キュンさせる王子様キャラに挑戦しています。そんな熱い視線を集める中川さんへのインタビューは必読です。

映画「きょうのキラ君」について・・

『胸キュンしてもらわなきゃいけないシーンもたくさんありつつ、生きることの意味とか希望とか伝えたいものも大きい作品なので、キャラクターに説得力が生まれるように演じました。(中略) ただ、僕としては観終わったときはただただ恥ずかしかったです。想像してみてください。自分のキスシーンが映画館の大画面に映し出されるんですよ(笑)。これまでもキスシーンはありましたけど、ここまでド直球な王子様キャラはなかったので。』

1124hkar3

■ [特別付録] ソニア リキエルのボーダートートバッグ

洗練された配色とモダンなロゴが特徴のソニア リキエルのトートバッグが特別付録です。ソニア リキエルのアイコンバッグ“ル・コパン”と同じカラーリングで、ダブル持ちも楽しめる「25ans」だけのスペシャルデザイン。通常版にはピンク!ブラック、ミニ版にはレッド!ブラックのトートバッグがついています。表裏でデザインの異なるロゴが入った両A面仕様で、A4書類や雑誌が入るデイリーサイズ(36!31cm)、肩掛けしやすい少し長めのストラップ、内側ポケット付き、お手入れしやすい綿・ポリエステルの厚地素材など、使いやすさにもこだわっています。

1124hkar2

■ 「25ans」 2017年1月号 その他コンテンツ

[Fashion]
● ワンピ以上ロングドレス未満 タイプ別「itなカクテルドレスを探せ!」
● 新作を狙いうち!先取りしたい「春小物」
● 恒例の大人気企画!開運財布&ランジェリー
[Beauty]
● 1日1美♡12月の美容アドベント・カレンダー
[Lifestyle]
● 王子・王女も一緒にカナダへ!キャサリン妃一家の外遊日記
● Chesty・小川淳子さんの新居も大公開!Xmasホームデコ
● [Book in Book] ソーシャルパワーで前進「チャリティ白書2017」
[連載]
辻仁成さんの連載をはじめ、1月号からはギャラリスト・吉井仁実さんと、文筆家・松浦弥太郎さんなどの連載がスタート
通常版880円(税込)・ミニ版880円(税込)
*1月号の売り上げの一部は、子どもの権利や尊厳が守られる世界を目指し活動するNGO団体「プラン・インターナショナル」に寄付します。

【 25ansについて 】

2015年に創刊36周年を迎えた「25ans」のターゲットは、一貫して変わることなく、エレガントな女性たちです。それを今は“エレ女”という呼び名で表現し、時代と共にアップデートされるエレガンスを誌面で展開しています。トレンドのファッションや美容情報に敏感でありながら自分らしさを忘れず、あくまで上品。好感度が高く、確固たるスタイルを持ち、時にはチャリティに参加…。そんな豊かなライフスタイルを送る20代~50代のエレ女たちに、「25ans」は愛され続けています。女性に夢と幸せを届ける“ハッピーマガジン”として、「25ans」はこれからもラグジュアリーな情報を発信していきます。ソーシャル・ラグジュアリー・メディア「25ans ONLINE」では、「25ans」の特徴であるエレガントな世界観をウェブでも展開しています。
[創刊] 1980年
[発売日] 毎月28日
[25ans ONLINE] ▶http://www.25ans.jp

■「25ans」に関する一般のお客様からのお問合せ先

株式会社ハースト婦人画報社
[TEL] 03-6384-5383
[WEB] ▶http://www.25ans.jp

25ans (ヴァンサンカン) をamazonで探す



★☆◉ニュース雑ッピング【Fashion NOW】◉☆★

ボランジェ正規代理店「アルカン」とミシュラン星付きの鮨「銀座 いわ」のコラボレーション!鮨をシャンパンで味わう“鮨シャン”レストラン『銀座 815』が銀座にグランドオープン!
シャンパーニュメゾン・ボランジェ正規代理店の「アルカン」とミシュラン星付きの鮨「銀座 いわ」のコラボレーション
鮨をシャンパンで味わう“鮨シャン”レストラン『銀座 815』(ギンザ ハチイチゴ)が 銀座にグランドオープン!
店舗名      銀座 815 (ギンザ ハチイチゴ)
・グランドオープン 2016年12月1日(木)
・住所       東京都中央区銀座6-3-12 数奇屋ビル1F
・営業時間     17:30-23:00(LO22:00)※おまかせコースのみ
          22:00-4:00(LO3:00)(平日のみ)※アラカルトのみ
・席数       16席(カウンター11席、個室5席)
・定休日      日曜日
・想定客単価    21,000円
・店舗面積     26坪(85.95㎡)
・TEL / FAX     03-3573-1815

Lizzy Caplan wore Yoko London earrings to the UK premiere of ‘Allied’
リジー・キャプランは ロンドン、イギリスで2016年11月21日にオデオンレスタースクエアで「連合軍」のUKプレミアにヨーコロンドンの真珠とダイヤモンドのイヤリングを身に着けていました。
リジー・キャプラン(Elizabeth Anne “Lizzy” Caplan, 1982年6月30日 – )
アメリカ合衆国の女優である。カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれ育つ。改革派ユダヤ教の家庭である。アレクサンダー・ハミルトン高校に通い、当初はピアノの演奏をしていたが、後に演劇に転向した 2000年に卒業した。1999年に『フリークス学園』でジェイソン・シーゲル演じるキャラクターの彼女のサラ役でテレビ俳優としてのキャリアが始まる。
ローラのプロ意識が垣間見えた瞬間 ホットペッパービューティー新CM「ローラがやって来た ポイントたまる」篇 メイキング映像
2016年11月23日 モデルや女優、歌手などマルチに活躍しているローラさんが出演する『ホットペッパービューティー』の新CM「 ポイントたまる」篇のメイキング映像が公開されました。
ローラさんはヘアスタイルをハーフアップにまとめられ、赤のチェックが印象的な可愛らしい衣装で登場しました。
現場は笑顔に包まれ、温かなムードで撮影するもローラさんの時折見せる真剣な表情が撮影に対する高いプロ意識を感じさせます。
Rola's Kitchen  – ローラ (著)
Portugal fashion week spring summer 2017 | Fatima | by Fashion Channel
ポルトガルのファッションウィークに潜入!注目のデザイナー4名をピックアップ。(Shizue Hamano)
10月に、ポルトガルを代表するリスボンとポルトの2都市にまたがって行われた「ポルトガル・ファッション」。アップカミングな若手デザイナーが多く参加するコレクションから個性あふれる注目の4名をピックアップ!リスボンでキャットウォークを披露したAlexandra Moura。リボンやフリンジを多用した彼女の最新コレクションは、カジュアルとオピュレントがミックスされ、まさに今のムードにピッタリ!地元ポルトガルで活躍するダンスパフォーマンスやミュージシャンのコスチュームも手がけるという、彼女ならではのシアトリカルな世界観にブックマークです。
岸田教団&THE明星ロケッツ_Blood on the EDGE_MUSIC VIDEO
2016年12月21日発売 岸田教団&THE明星ロケッツ New Single「Blood on the EDGE」(「ストライク・ザ・ブラッド Ⅱ OVA」オープニングテーマ)のMUSIC VIDEOです
岸田教団&THE明星ロケッツ

ブレイク・ライヴリーが語る!『ロスト・バケーション』特典映像
サーフィン中に負傷し満潮時には海に沈む岩場に取り残されたヒロインが、危険な人食いサメに狙われるパニックサスペンス。サメの恐怖や、時間とともに上昇する海面という悪夢のような状況で繰り広げられる決死のサバイバルを、『ラン・オールナイト』などのジャウマ・コレット=セラ監督が緊張感たっぷりに活写する。周りに誰もいない海で絶体絶命の窮地に陥ったヒロインを、ファッションアイコンとしても注目を浴びているブレイク・ライヴリーが熱演。
ブレイク・ライヴリー(Blake Lively、本名: ブレイク・エレンダー・ブラウン, 1987年8月25日 – )
アメリカ合衆国の女優。1998年に映画『サンドマン』でデビュー。2005年公開の『旅するジーンズと16歳の夏』で注目を集め、ティーン・チョイス・アワードのブレイクスルー女優賞(映画部門)にノミネートされた。
2007年放送開始のテレビシリーズ『ゴシップガール』のセリーナ・ヴァンダーウッドセン役でブレイクし、ティーン・チョイス・アワードブレイクスルー女優賞(テレビ部門)と女優賞(テレビ部門)を受賞した。また、ファッションアイコンとしても注目を集めるようになった。

【吉田羊・小松菜奈出演】ロッテ 乳酸菌ショコラCM 私も守って篇15秒
小松菜奈1st写真集「Trabzon」
Japan Creative Talk Session 2016 Vol.02 Richard Collasse × Yoko Kawashima
エル・デコがメディアパートナーを務めるジャパンクリエイティブ。恒例のトークセッションが今秋も行われました。ここでは2016年10月26日に行われた第2回目、リシャール・コラスさん(シャネル社長・作家)と川島蓉子さん(ifs未来研究所)のセッションをお楽しみいただきます。
ELLE DECOR (エル・デコ) 2016年 12月号

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で