からだを多方面から掘り下げ、専門家による解説、インタビュー、連載コラム、下着のファッション、プロポーションなど、健康的に美しくなりたい女性のための、からだ情報を集めたWACOAL BODY BOOK(ワコールボディブック)。『美の流儀』では番外編として、今秋オープンしたばかりの『ワコールスタディホール京都』で講師を務める堀畑裕之さんと関口真希子さんにお話を伺います。

matohu(まとふ)

・WACOAL BODY BOOK(ワコールボディブック)
【番外編/学びと美を考える】仲間と学び、遊び、何かが始まる

今回の『美の流儀』は、「美」をコンセプトにした学びの場『ワコールスタディホール京都』で講師を務めるプロフェッショナルに登場いただく<番外編>。ファッションブランド『matohu(まとふ)』のデザイナー・堀畑裕之さんと関口真希子さんにお話を伺います。おふたりがデザインの軸とされているのは、日本の美意識。コレクションのテーマにも「うつくし」「おぼろ」「かろみ」「ほのか」「ふきよせ」といった、古くから生活の中で使われてきた言葉をセレクトし、服づくりに反映させているのだそう。12月に予定されているスクール講座では、こうしたテーマをデザインに落とし込んでいく過程を、映像や資料などを使ってレクチャー。講座に参加した人たちがつながって生まれる「何か」にも期待したいと話します。『ワコールスタディホール京都』オープニング時の受付スタッフの制服も『matohu』の作品なのだとか…!制服らしからぬ、明るく女性らしいデザインは必見。お見逃しなく。

かしこくキレイなからだをつくろう WACOAL BODY BOOK

【リリース】 株式会社ニューズ・ツー・ユー

ワコールをamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で