株式会社東京糸井重里事務所は、「ほぼ日手帳」で販売したカバーの売り上げの一部を動物愛護団体一般社団法人ランコントレ・ミグノンに寄付いたしました。お預かりした寄付は保護動物の医療費、シェルター家賃、保護動物の食費に使われます。~3年目となる取り組みについてご紹介 ~

動物愛護,ほぼ日手帳,

「ランコントレ・ミグノン」は動物を保護し、あたらしい家族を見つける活動をする動物愛護団体です。東京糸井重里事務所では、会社として、あるいはスタッフが個人として、2011 年より少しずつミグノンさんのお手伝いをはじめました。東日本大震災で被災した犬や猫の保護に奔走する友森氏の活動をコンテンツの記事を通じて発信、売上の一部が「ランコントレ・ミグノン」へ寄付されるグッズを製作、販売をしています。

■2017年版で 3回目の取り組み<寄付手帳>

2012 年より iPhone ケースやハラマキなど売上の一部を動物愛護団体に寄付するグッズの販売を開始し、2014 年以降は 3 年連続で寄付するためのほぼ日手帳のカバーを発売しています。

初登場となった2014年は、動物の愛護活動に興味を持ってくださったタレントの中川翔子さんとの「ほぼ日手帳 2015」のカバーコラボレーションを行い、中川さんの愛猫をモチーフにした「マミタス」カバーの売上の一部をランコントレ・ミグノ
ンに寄付いたしました。

2015 年は画家のミロコマチコさんとつくった「ほぼ日手帳2016」カバー「赤いインドサイ」、2016 年には画家の望月計男さんとつくった「ほぼ日手帳 2017」カバー「シロクマ」のカバーの売上の一部を寄付します。

<寄付金額一覧>※2016 年 10 月 25 日現在
2015 年版「マミタス」 4,626,627 円
2016 年版「赤いインドサイ」 6,623,410 円
※2017 年版の「シロクマ」は 2017 年秋に売上を集計後、寄付を行う予定です。

ほぼ日手帳,シロクマ,

■ランコントレ・ミグノンとは

2007 年より、東京都動物愛護相談センターから犬猫の受け入れを開始。動物と新しい家族に出会いの場を提供するために、毎月第 2 日曜日と第 4 土曜日に譲渡会を開催したり、大きなホールを借りての犬や猫のことを考えるきっかけを創出するイベントも企画しています。

2011 年には、東日本大震災の被災地での犬・猫・うさぎ・鳥の救護を行い、千葉県東金市に被災動物シェルターを建設しました。翌 2012 年には、東京都中野区に犬シェルターをつくり、移転。2013 年に猫シェルターも同区につくり、常時約 200 匹の犬、猫を保護しています。

代表である友森玲子氏は自身これまで 1,000 頭以上の動物を保護し、譲渡してきました。東京都渋谷区北参道にある動物病院とペットサロンと保護施設の機能を持った「ミグノンプラン」を運営しつつ、日々の動物保護に奔走しています。友森氏のポリシーとして、保護後に引き取り手が“見つかりにくい”、老犬や傷病を持った動物を優先的に保護しているため、ミグノンプランの売上と寄付で団体運営をしています。

■ランコントレ・ミグノン 友森玲子代表より

デザインも素敵なうえに、ミグノンへの寄付もしていただける手帳。ミグノンへの寄付ができるこの手帳を選んでくださる人が年々増えているのは、手帳が人気を集めていると
ともに、保護活動について知ってくださる人が増えているということ。とても心強いです。

寄付金は、現在 200 頭ほどいる保護動物の医療費、食費、光熱費。それからトレーナーの人件費やシェルターの家賃、ゴミ処理費用など、シェルターを運営していくために使わせていただいています。犬や猫、うさぎ、鳥、モルモット…。これだけ保護をしつづけていても、たくさんの人が飼っては放棄している現状がある限り、追いつきません。もし、周りで動物を飼いたいと言っている人がいたら、時間的、経済的な余裕があるのか、寿命の 20 年後まで責任を取れるのか、ぜひ動物たちの味方になって聞いてあげてください。そして、無事飼えるという場合はぜひ家族を探している保護動物を選んでくださると、とてもうれしいです。

ランコントレ・ミグノンと「ほぼ日刊イトイ新聞」の交流は2011 年よりはじまりました。関わるスタッフがそれぞれの想いで、できる範囲での支援、応援を続けています。今回ご紹介した「ほぼ日手帳」によるランコントレ・ミグノンへの寄付のほか、「ほぼ日刊イトイ新聞」は今年、犬や猫と人が親しくなるための無料アプリ「ドコノコ」を 2016 年 6 月にリリースしました。

写真を投稿し、犬と猫の SNS として、日々の想い出の記録として楽しんでいただけるほか、「犬や猫の住民票」を目指して開発しました。近所に迷子の犬や猫がいた場合に協力しあえるコミュニケーションを可能にする「エリア」機能を提供しています。「ほぼ日刊イトイ新聞」は、今後もさまざまなアプローチでランコントレ・ミグノンの活動をサポートしていきます。ほぼ日手帳 2016 のランコントレ・ミグノンへの寄付については、、2016 年 11 月 29 日より「ほぼ日刊イトイ新聞」でもお知らせしています。

http://www.1101.com/store/techo/ja/magazine/2017/donation2016/index.html

ほぼ日手帳をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で