1990年からスタートし、多くの映画人や映画ファンから愛され続ける「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」が、2017年3月の開催で27回目を迎える。本映画祭は、夕張市の財政難によって一時は開催が見送られたが、映画祭運営を市から民間に移行し2008年に復活。来る2017年は「復活から10回目」の節目にあたる映画祭として、さらなる盛り上がりが期待されている。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭

そんな「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」から、待望のキービジュアルが解禁!製作を手掛けたのは、数々の映画で美術造形やフィギュア制作を手掛ける寒河江弘さんと、人形とミニチュアセットによる撮影技法で注目される映画監督・飯塚貴士さん。豪華クリエイターによる共同製作で実現したキービジュアルのタイトルは、「大怪獣 雪山の大熱戦!Giant KAIJU battle heat in the snow mountain!」。本映画祭のマスコットキャラクター「シネガー」をはじめ、夕張市のご当地キャラクター「メロン熊」や、某映画を彷彿とさせる個性豊かな面々、そして楽しそうにはしゃぐ人々が、フィギュアで細部にわたって表現されている。キャッチコピーに掲げた「世界で一番、楽しい映画祭」が体現された、躍動感溢れる「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」の“顔”にぜひご注目ください!

また「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」より、多数の受賞歴を持つ作家・小檜山博さんが実行委員長に就任。クリエイター陣と共に下記のとおりコメントをお届けいたします。

寒河江弘
【キービジュアル製作: 寒河江弘さんコメント】
「ゆうばり映画祭にはとても思い入れがあり、担当させて頂いて大変光栄でした。また飯塚貴士監督とのコラボで手作りの特撮映画感を感じて頂ければ嬉しいです。」

飯塚貴士
【キービジュアル製作: 飯塚貴士さんコメント】
「ゆうばりを舞台に作られた大特撮映画があったらどんなポスターになるかな、と想像しながら寒河江さんのフィギュアの撮影と加工をしました。寒いけれど熱くて楽しい映画祭の雰囲気が伝わったら嬉しいです。」

小檜山博

【ゆうばり国際ファンタスティック映画祭実行委員長: 小檜山博さんコメント】
「「ゆうばり映画祭」がほかの地域のものとは異質であると思うのは、いま作られつつある北海道の新しい歴史の一つがこの映画祭だということである。北海道の大いなる文化なのだ。そして今後、わが国の文化がどう発展するかも、この「ゆうばり」の文化をどう育ててゆくかにかかっていると思うのである。今回、単に映画好きの私も参加させていただいたが、とにかくわが国の人々はもとより、全世界の方々にこの文化を育てて行ってほしいと願うものである。」

さらに「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」開催に向け、すっかり本映画祭の常連としておなじみとなった女優・武田梨奈さんから、応援コメント動画が到着!夕張の雪景色をバックに、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭、私は全力で応援しています!」と熱い思いとエールを送ってくれている。

【ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017】
公式サイト:(PC・モバイル共通)
Twitter
Facebook
『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』武田梨奈さん応援コメント動画

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭をamazonで探す

かぐらめ [DVD]武田梨奈 (出演), 大杉漣 (出演), 奥秋泰男 (監督)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で