人気モデルの宮城舞が、 20代ラストにViVi(ヴィヴィ)モデルを卒業し次のステージへ! 
専属モデルとして笑顔の陰で悩んだ4年間と読者への感謝を綴ったインタビューをViVi3月号に掲載。
1月23日(月)発売の『ViVi』3月号でViVi専属モデルの宮城舞が卒業を発表した。 2013年、 JELLYの看板モデルとして人気絶頂期に、 ViViモデルへと移行。

『ViVi』3月号でViVi専属モデルの宮城舞が卒業

“まいぷぅ”の名で読者からも愛され、 私服企画やスタイリング企画を多数特集されるなど、 ViViモデルとしても人気を博した。 しかし、 ギャル出身であることへのコンプレックスや、 続々と後輩のモデルが人気になっていくなか、 自身の居場所を探して悩んだ日々だったという。 そんな心境のインタビューとともに、 ViViモデルのおしゃれ番長としてスタイリングも手掛けていた彼女が、 最後にセルフスタイリングをした撮影カットも必見の内容となっている。

<インタビューより>
“いつのまにか一番年上で、 なのに
みんなを引っ張ることもできてないって、 すごくもやもやしてた。
私、 ここにいていいのかな?って“

「ギャルって言われることが、 当時はちょっと別扱いみたいでイヤだったんだよね(略)つけまつげとカラコンを外してみたり。 最初はつけまつげとカラコンを付けてないことですら、 すっぴんみたいで、 すごく勇気が必要だった」

「2年ぐらい前かな? スタイリングが似合ってない、 今のViViにハマっていないかもしれないって思い始めたの。 いつのまにか一番年上で、 なのにみんなを引っ張ることもできてないって、 すごくもやもやしてた。 私、 ここにいていいのかな? って。 一時期は、 モデルもそろそろ終わりかもとまで落ち込んだこともあったの。 先がみえないっていうか、 どこに向かえばいいのかわからなかった」

“いっぱい笑って駆け抜けた4年間。
ViViモデルにならせてくれてありがとう(ハート)って大きな声で言いたい!“

「私つい最近まで、 ViViモデルになったっていう実感がなかったの。 私がViViに出ていいのかなって、 ずっと思っていた。 だけど、 今は自信を持って、 ViViモデルって言える! この場所でほんとうに少しずつだけど成長できたんだと思う。 それはみんなのおかげです。 4年間最高の思い出をありがとうございました!」

俳優の弟・宮城大樹さんからのメッセージも掲載
ViVi卒業おめでとう。
年々飛躍していく姉貴を誇りに思い、 頼りにしてます!
これからもよろしくね。 おねぇちゃん。
-俳優・宮城大樹

『ViVi』3月号でViVi専属モデルの宮城舞が卒業
©Ko-ta Shoji
『ViVi』3月号でViVi専属モデルの宮城舞が卒業
©Ko-ta Shoji

<Profile>宮城舞(みやぎ まい)
1998年神奈川県出身。 08年から5年間にわたり『JELLY』のモデルとして活動。 同誌の看板モデルと呼ばれる存在となったのち、 2013年より『ViVi』へ移籍。 まいぷぅの愛称で人気に。 雑誌やTVなどを中心に活躍。 弟は俳優の宮城大樹。

まいぷぅ卒業メッセージ記事はコチラ!

『ViVi』3月号
<掲載号情報>
月号:ViVi 3月号
定価:670円(税込)
発売日:2017年1月23日(月)※首都圏基準
発行元:株式会社講談社

WEB立ち読みはこちら♪ 
LINE公式アカウント  もしくは @vivi で検索してね♪
ViVi公式サイト「NET ViVi」
公式インスタグラム

【リリース】株式会社PR TIMES

ViVi(ヴィヴィ) をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で